コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戊申詔書 ぼしんしょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戊申詔書
ぼしんしょうしょ

1908年 10月 13日に渙発された詔書。この年の干支戊申にあたったのでこの名がある。日露戦争後の社会的混乱のなかにあって,華美を戒め,勤倹をすすめ,天皇制国家における国民道徳の方向を示したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

戊申詔書【ぼしんしょうしょ】

1908年(戊申の年)10月13日の詔書日露戦争後の暴動の続発,社会主義の浸透などによる人心不安を解消し,天皇制国家観の普及徹底を計る目的で醇風(じゅんぷう)美俗固守,耐乏生活の強要など,国民の守るべき規範として出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼしんしょうしょ【戊申詔書】

日露戦争後,国民に勤倹節約と国体尊重を徹底する目的で1908年10月13日に発布された詔書。渙発の年が戊申(つちのえさる)に当たっていたのでこの名がある。第2次桂太郎内閣の内務大臣平田東助の要請によるものといわれ,教育勅語とともに明治期渙発された国民教化の二大詔勅である。そこでは,戦勝の余栄にひたり華美に流れる風潮が戒められ,国家の政策に従い国民が共同一致,勤倹力行して国富の増強に邁進(まいしん)すべきことが強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼしんしょうしょ【戊申詔書】

1908年(明治41)戊申の年に発せられた詔書。日露戦争後において、国民が国民道徳を強化し、上下一致、勤倹力行して国富増強にあたることが強調された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戊申詔書
ぼしんしょうしょ

1908年(明治41)10月13日に渙発(かんぱつ)された詔書。同年が戊申(つちのえさる)の年のため戊申詔書とよばれる。日露戦争の結果、日本は帝国主義国として列強と並ぶ国際的地位を得た。しかし、国内では、地方社会の荒廃、疲弊が表面化し、また社会主義、個人主義などによるいわゆる「思想悪化」が問題化した。この詔書は、こうした状態に対処しようとしたもので、皇室を中心として「上下」が一体となり、「忠実業ニ服シ勤倹産ヲ治メ」ることによって国運を発展させ、列強に伍(ご)していくことを国民に求めたものであった。日露戦争後、内務省などによって行われた地方改良運動のなかで、戦後の国民のとるべき道を示すものとして重視され、渙発後、各地の役場、小学校などで捧読(ほうどく)会が開かれたほか、学校教育でも教育勅語と並ぶものとされ、国民に大きな影響を与えた。[岡田洋司]
『宮地正人著『日露戦後政治史の研究』(1973・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

戊申詔書の関連キーワード国民精神作興詔書小松原英太郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android