コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手抜き テヌキ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぬき【手抜き】

[名](スル)
しなければならない手続きや手間を故意に省くこと。「仕事を手抜きする」「手抜き工事」
囲碁・将棋で、普通なら応手すべき所を省いて他の好所に着手すること。
仕事の手が休まること。暇になること。
「一旦はいかにも―のなるものなれども」〈浮・新永代蔵・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てぬき【手抜き】

( 名 ) スル
手を抜くこと。するべき手続きや手数を省くこと。 「 -した仕事」 「工事に-があった」
囲碁・将棋で、相手の攻撃的着手に対して応手せず、他の方面に打つこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手抜きの関連キーワードホーム・ミール・リプレースメントイタリア地震(2016)ミール・ソリューション欠陥マンション問題レイチェル レイ低入札価格調査三反五反運動おしゃぶり奥薗壽子艾 未未岩山健一環境問題設計監理いんちきHMRえざお抜き手応手囲碁将棋

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手抜きの関連情報