コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗ヒスタミン剤 こうヒスタミンざいantihistamines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗ヒスタミン剤
こうヒスタミンざい
antihistamines

アレルギー現象に対抗する薬剤の一つ。アレルゲン (アレルギーを誘発する物質) が体内で反応を起すときに,ヒスタミンが放出されてアレルギー反応を起すと考えられている。 D.ボベ,E.フールノーらが,このヒスタミンの活動を封じればアレルギー反応を抑制できるとの考えで研究を始め (1933) ,B.ハルパンが最初の抗ヒスタミン剤アンテルガン Anterganを製品化した (42) 。以来各種の抗ヒスタミン剤が開発され,理論と臨床上の事実から,風邪,頭痛,乗物酔いなど広い領域に応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうヒスタミン‐ざい〔カウ‐〕【抗ヒスタミン剤】

ヒスタミンの作用を抑制し、あるいはその分解を促す薬。体内にヒスタミンが大量に生じるために起こると考えられる、じんましん・鼻炎・喘息(ぜんそく)などのアレルギー症状の治療に用いられる。抗ヒスタミン薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうヒスタミンざい【抗ヒスタミン剤】

体内に発生するヒスタミンの作用を軽減する薬剤。蕁麻疹じんましん・鼻炎など各種アレルギー性疾患の治療に用いられる。感冒・乗り物酔いにも効果がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の抗ヒスタミン剤の言及

【風邪薬】より

…症状の多様性に対応して次のような各種の薬物が配合される。
抗ヒスタミン薬
 抗ヒスタミン剤ともいう。各種の炎症やアレルギー性症状が生体内貯蔵部位から遊離されたヒスタミンによって生ずるという考えから,抗ヒスタミン薬を配合する。…

【抗ヒスタミン薬】より

…抗ヒスタミン剤ともいう。生体内アミンの一つであるヒスタミンの作用に拮抗する薬物。…

【蕁麻疹】より

…しかしながら,この方法は,まれに重篤な反応(ショック)をひき起こすことなどにより,現在では再検討されつつある。 病因が不明な蕁麻疹,あるいはなんらかの治療を行っても症状の軽快しないような場合には,対症療法として抗ヒスタミン剤が日常最も多く使用されている。抗ヒスタミン剤は,細胞膜にあるとされるヒスタミンレセプターに競合的に働くため,蕁麻疹の発現をおさえ,かゆみを止める効果がある。…

※「抗ヒスタミン剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抗ヒスタミン剤の関連キーワードクレマスチンフマル酸塩シェーリング・プラウ酒石酸アリメマジンジフェンヒドラミンカバキコマチグモベンゾフェノン胃腸アレルギーダニエル ボベ寒冷アレルギー薬剤アレルギー多形滲出性紅斑うるしかぶれクインケ浮腫プロメサジンストロフルス不整脈治療剤プロメタジン代謝拮抗物質特発性腎出血骨格筋弛緩剤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗ヒスタミン剤の関連情報