コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新編相模国風土記稿 しんぺんさがみのくにふどきこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新編相模国風土記稿
しんぺんさがみのくにふどきこう

江戸幕府が編纂した相模国 (神奈川県) の地誌。 126巻。大学頭林述斎 (衡) の建議により,幕府の学問所昌平黌 (しょうへいこう) において『新編武蔵国風土記稿』が完成した天保1 (1830) 年頃から編纂に着手し,同 12年幕府に提出された。総国図説,建置沿革,任国沿革表,山川名所産物芸文,本編などから成る。この編纂のため幕府は古文書を探訪し,その成果が『相州古文書』として現存する。古文書,古器,書画,金石文にいたるまで収録し,体裁よりも記事の詳細さに主眼をおいている。なお鎌倉郡については,徳川光圀が編纂した『新編鎌倉志』があるので簡略にしたという。『大日本地誌大系』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新編相模国風土記稿【しんぺんさがみのくにふどきこう】

江戸幕府官撰の地誌。126巻。昌平(しょうへい)坂学問所地理局総裁の林述斎(はやしじゅっさい)編で,1841年の成立。相模国の総国図説から建置沿革・山川・名所・産物・芸文と各郡村里とからなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぺんさがみのくにふどきこう【新編相模国風土記稿】

1841年(天保12)成立。昌平黌地理局総裁林述斎編。全126巻。相模国の総国図説から建置沿革,山川,名所,産物,芸文と各郡村里に分かれている。文書や記録も収録され,村の地勢,領主,小名,寺社,山川や物産等の記述は詳細で正確である。幕府官撰の地誌として相模国研究にとって重要な史料。《大日本地誌大系》所収。【神崎 彰利】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新編相模国風土記稿
しんぺんさがみのくにふどきこう

江戸幕府編纂(へんさん)の相模国の地誌。1830年(天保1)『新編武蔵国(むさしのくに)風土記稿』編纂の事業が終わると、引き続いて本稿の編纂を開始し、1841年に完成した。編纂の主旨も、その体裁も『新編武蔵国風土記稿』に倣っている。首巻として凡例・総目録を掲げ、以下、第1巻に図説、第2巻に沿革、第3巻に山川・名所・国産、第4巻より第11巻までに芸文を述べ、第12巻から第125巻が足柄上(あしがらかみ)・下(しも)郡、淘綾(ゆるぎ)郡、大住(おおすみ)郡、愛甲(あいこう)郡、高座(こうざ)郡、鎌倉郡、三浦郡、津久井(つくい)県の地誌である。全126巻。『大日本地誌大系』所収。[伊藤好一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新編相模国風土記稿の関連キーワード昌平坂学問所間宮士信地方史

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android