コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新編相模国風土記稿 しんぺんさがみのくにふどきこう

4件 の用語解説(新編相模国風土記稿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新編相模国風土記稿
しんぺんさがみのくにふどきこう

江戸幕府が編纂した相模国 (神奈川県) の地誌。 126巻。大学頭林述斎 (衡) の建議により,幕府の学問所昌平黌 (しょうへいこう) において『新編武蔵国風土記稿』が完成した天保1 (1830) 年頃から編纂に着手し,同 12年幕府に提出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新編相模国風土記稿【しんぺんさがみのくにふどきこう】

江戸幕府官撰の地誌。126巻。昌平(しょうへい)坂学問所地理局総裁の林述斎(はやしじゅっさい)編で,1841年の成立。相模国の総国図説から建置沿革・山川・名所・産物・芸文と各郡村里とからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんぺんさがみのくにふどきこう【新編相模国風土記稿】

1841年(天保12)成立。昌平黌地理局総裁林述斎編。全126巻。相模国の総国図説から建置沿革,山川,名所,産物,芸文と各郡村里に分かれている。文書や記録も収録され,村の地勢,領主,小名,寺社,山川や物産等の記述は詳細で正確である。幕府官撰の地誌として相模国研究にとって重要な史料。《大日本地誌大系》所収。【神崎 彰利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新編相模国風土記稿
しんぺんさがみのくにふどきこう

江戸幕府編纂(へんさん)の相模国の地誌。1830年(天保1)『新編武蔵国(むさしのくに)風土記稿』編纂の事業が終わると、引き続いて本稿の編纂を開始し、1841年に完成した。編纂の主旨も、その体裁も『新編武蔵国風土記稿』に倣っている。首巻として凡例・総目録を掲げ、以下、第1巻に図説、第2巻に沿革、第3巻に山川・名所・国産、第4巻より第11巻までに芸文を述べ、第12巻から第125巻が足柄上(あしがらかみ)・下(しも)郡、淘綾(ゆるぎ)郡、大住(おおすみ)郡、愛甲(あいこう)郡、高座(こうざ)郡、鎌倉郡、三浦郡、津久井(つくい)県の地誌である。全126巻。『大日本地誌大系』所収。[伊藤好一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新編相模国風土記稿の関連キーワード曽我景章羽田月洲昌平黌安井息軒昌平友野霞舟新編武蔵風土記稿内田正雄大谷木醇堂千葉柳水

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone