コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本債券信用銀行[株] にほんさいけんしんようぎんこう

百科事典マイペディアの解説

日本債券信用銀行[株]【にほんさいけんしんようぎんこう】

長期信用銀行の一つ。1911年に朝鮮経営を目的として設立された朝鮮銀行が前身。終戦後GHQの指示により同行が閉鎖し,1957年その残余資産を活用して,〈長期信用銀行法〉に基づき日本不動産銀行として設立。
→関連項目破綻金融機関不良債権処理問題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の日本債券信用銀行[株]の言及

【長期信用銀行】より

…〈長期信用銀行法〉(1952公布)に基づく長期金融機関。日本興業銀行日本長期信用銀行,日本債券信用銀行の3行があるが,それぞれ異なった沿革をもっている。同法により新設された日本長期信用銀行と,1902年設立の特殊銀行から移行した日本興業銀行の2行が52年当初から存在し,その後57年に,旧朝鮮銀行の残余財産を継承した日本不動産銀行(1977年10月に日本債券信用銀行と改称)が新設された。…

※「日本債券信用銀行[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本債券信用銀行[株]の関連キーワード東京海上火災保険[株]日本不動産銀行[株]オリックス[株]バブル経済金融監督庁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android