日田(市)(読み)ひた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日田(市)
ひた

大分県西部、日田盆地とその周辺山地を市域とする市。1940年(昭和15)日田郡日田町と三芳(みよし)、光岡(てるおか)、高瀬(たかせ)、朝日(あさひ)、三花(みはな)、西有田(にしありた)の6村が合併して市制施行。1955年同郡東有田、小野(おの)、大鶴(おおつる)、夜明(よあけ)、五和(ごわ)の5村を編入。2005年(平成17)日田郡前津江(まえつえ)村、中津江(なかつえ)村、上津江(かみつえ)村、大山(おおやま)町、天瀬(あまがせ)町を編入。市名は古代以来の郡名にちなむ。JR久大(きゅうだい)本線・日田彦山(ひこさん)線、国道210号、211号、212号、386号が通じ、大分自動車道の日田インターチェンジがある。中心の日田は隈(くま)、豆田(まめだ)の二つの城下町が結合したもので、1632年(寛永9)以降、総じて幕府の直轄領(一時大名預所(あずかりどころ))となり、1767年(明和4)西国筋(さいごくすじ)郡代役所が置かれた。城下の商人は、盆地産物の川下しを行い、郡代御用商人として、また諸藩に対する金融によって富を積んだ。周囲に日本屈指の日田杉の美林を控え、製材や履き物・家具・漆器などの木工業が盛ん。広瀬淡窓(たんそう)の咸宜園(かんぎえん)跡・墓(国史跡)、郡代役所のあった月隈(つきくま)城跡、国指定重要文化財の仏像8体を有する永興寺(ようこうじ)など観光資源が多い。1960年温泉掘削に成功、亀山(きざん)公園(日隈(ひのくま)城跡)付近の旅館街にも給湯されている。夏には三隈(みくま)川の船遊びや鵜飼(うかい)を楽しむ客が多い。小鹿田(おんた)の皿山(さらやま)は素朴な民芸品小鹿田焼で知られ、10戸の窯元(かまもと)がある。創始は1705年(宝永2)筑前国朝倉郡小石原(こいしわら)村(現福岡県東峰村)から伝えられたという。1970年小鹿田焼陶芸館が開設されている。面積666.19平方キロメートル、人口7万0940(2010)。[兼子俊一]
『日田市明治百年記念事業推進委員会編『天領であった日田市百年の歩み』(1968・日田市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日田(市)の関連情報