コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通選挙期成同盟会 ふつうせんきょきせいどうめいかい

百科事典マイペディアの解説

普通選挙期成同盟会【ふつうせんきょきせいどうめいかい】

普通選挙運動の中心団体。1899年10月河野広中中村太八郎木下尚江らにより組織。1900年普通選挙同盟会と改称(普選同盟会と略)。代議士,新聞記者のほか片山潜高野房太郎らの労働運動家も加盟。
→関連項目普選運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通選挙期成同盟会
ふつうせんきょきせいどうめいかい

明治・大正時代の普通選挙実現を目ざす運動団体。1897年(明治30)7月に中村太八郎(たはちろう)、木下尚江(なおえ)らを中心に長野県松本で結成された。請願書の提出や多数の演説会を開催、1900年(明治33)には普通選挙同盟会と改称して普選の実行を期した。この間、1899年10月には東京に進出、運動の拡大を図った。会員が思想的立場や職業の相違を超え結集、またさまざまな団体と接触する同会は、普選運動において一貫して中心的存在となった。とくに日露戦争を挟む時期には、演説会を盛んに行い反藩閥勢力を結集する役割をも担ったが、大逆事件後の1911年5月30日、政府の弾圧により解体され、13年(大正2)、18年に再興が試みられるものの成功しなかった。米騒動ののち、滑川(なめりかわ)、仙台、名古屋、静岡で同盟会を名のる組織が結成されるなか、ようやく19年1月に普通選挙期成同盟会として活動を再開、3月には約1万人の民衆による普選デモを行った。同盟会はこののち20年ごろまで活動を続けたが、普選運動に労働組合、憲政会など新たな勢力が参加してきたため、運動に占める役割を低下させ、姿を消していった。[成田龍一]
『松尾尊兌著『大正デモクラシーの研究』(1966・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の普通選挙期成同盟会の言及

【普選運動】より

…自由民権運動のなかから,中江兆民らの普選論が生まれたが,それはごく一部で,有権者は納税者に限るという考え方が一般的であった。1892年東洋自由党の党内組織として普通選挙期成同盟会が設立されたが,継続的な運動としては97年,松本に中村太八郎,木下尚江らにより同名の組織が結成されたことに始まる。同盟会は99年東京に進出し,翌年1月第14議会に請願書を提出,1902年第16議会で河野広中,花井卓蔵らの名で法案を提出した。…

※「普通選挙期成同盟会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普通選挙期成同盟会の関連キーワード中村 太八郎大井 憲太郎東洋自由党大井憲太郎幸徳秋水山路愛山石川半山大逆事件

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android