コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田[町] むらた

百科事典マイペディアの解説

村田[町]【むらた】

宮城県南部,柴田郡の町。主集落は白石川の支流松尾川沿い,江戸時代ベニバナ集散地であった。東北自動車道が通じ,山形自動車道が分岐する。農業が主産業で,工業団地もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらた【村田[町]】

宮城県南部,柴田郡の町。人口1万3539(1995)。白石(しろいし)川の支流荒川(松尾川)に沿い,周囲を丘陵で囲まれた小盆地を占める。中世には村田氏が村田城に拠って支配したが,のち伊達氏の統治に代わった。中心集落村田は,江戸時代には奥州街道と羽州街道を結ぶ宿場町として栄え,六斎市も立った。近辺で栽培されるベニバナの集荷地でもあり,村田商人の名は近郷に知られたが,明治期に鉄道,国道からはずれたため発展は遅れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android