コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田[町] むらた

2件 の用語解説(村田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

村田[町]【むらた】

宮城県南部,柴田郡の町。主集落は白石川の支流松尾川沿い,江戸時代ベニバナの集散地であった。東北自動車道が通じ,山形自動車道が分岐する。農業が主産業で,工業団地もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むらた【村田[町]】

宮城県南部,柴田郡の町。人口1万3539(1995)。白石(しろいし)川の支流荒川(松尾川)に沿い,周囲を丘陵で囲まれた小盆地を占める。中世には村田氏が村田城に拠って支配したが,のち伊達氏の統治に代わった。中心集落村田は,江戸時代には奥州街道羽州街道を結ぶ宿場町として栄え,六斎市も立った。近辺で栽培されるベニバナの集荷地でもあり,村田商人の名は近郷に知られたが,明治期に鉄道,国道からはずれたため発展は遅れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村田[町]の関連キーワード牛久小牛田白石川仙台大学稲敷岩沼角田岐阜志木白石

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone