コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋正次郎(3世) きねやしょうじろうさんせい

1件 の用語解説(杵屋正次郎(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杵屋正次郎(3世)
きねやしょうじろうさんせい

[生]文政10(1827)
[没]1895.10.31.
長唄三味線方の家元。2世杵屋正次郎の門弟正三郎の実子。安政2 (1855) 年に3世を襲名。近世の名人といわれ,特に芝居長唄の作曲で著名。『連獅子』『元禄風花見踊』『土蜘 (つちぐも) 』『茨木』『船弁慶』『鏡獅子』などを作曲するとともに旧来の曲に手を加えて楽曲としておもしろさを発揮させようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

杵屋正次郎(3世)の関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング杵屋正次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone