コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川[町] まつかわ

百科事典マイペディアの解説

松川[町]【まつかわ】

長野県南部,下伊那郡の町。東は伊那山地,西は木曾山脈の山地で,中部の伊那盆地に主集落元大島があり飯田線,中央自動車道が通じる。ナシ,リンゴなどの果樹栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつかわ【松川[町]】

長野県南部,下伊那郡の町。人口1万3617(1995)。伊那盆地のほぼ中央,天竜川の沿岸に位置し,西は飯田市に接する。中心の大島は江戸時代に伊那往還の宿駅として栄えた。天竜川西岸には河岸段丘が発達し,段丘面でリンゴ,梨などの果樹栽培をはじめ米作畜産,野菜栽培などが行われる。近年は中央自動車道松川インターチェンジの開設もあって,電子部品などの工業生産が進展している。北東部には小渋ダム,西部には松川高原がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松川[町]の関連情報