コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕慈童 マクラジドウ

世界大百科事典 第2版の解説

まくらじどう【枕慈童】

能の曲名。観世流は《菊慈童》と称する。観世流でいう《枕慈童》は同趣向の別作品。四番目物。作者不明。シテは慈童。魏(ぎ)の文帝に仕える廷臣(ワキ)が,勅命を受けて薬水の水源を探りに酈県山(れつけんざん∥てつけんざん)に赴く。その山奥の菊の咲き乱れた仙境に,慈童という童顔の仙人(シテ)がいた。慈童は太古の周の穆王(ぼくおう)に仕えていた者だが,王の枕をまたいだ罪でこの山に流された。そのとき法華経の偈(げ)を枕に書いて賜ったので,その妙文(みようもん)を菊の葉にうつして流れに浮かべると,葉から滴るしずくが不老不死の薬となり,それ以来慈童は数百年間,年をとらなかったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まくらじどう【枕慈童】

能の一。観世流の「菊慈童」の他流での曲名。
能の一。四番目物。観世流のみにある曲。「菊慈童」と同工異曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枕慈童
まくらじどう

能の曲目。四番目物。金春(こんぱる)、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多(きた)流現行曲。ただし金春流は昭和の復曲。観世(かんぜ)流ではこの能を『菊慈童』とよぶ。観世流の『枕慈童』は時代を800年後に設定した同じ主題の別の能で、江戸時代の改作である。深山に湧(わ)く薬の水を尋ねる魏(ぎ)の文帝の使者(ワキ)は、700年を美少年の姿のまま生きる慈童(シテ)と出会う。周の穆(ぼく)王に仕えた慈童は、帝の枕をまたいだ罪でこの深山に流されたが、枕に書かれた法華経(ほけきょう)の文章と、菊の葉の露の奇跡で、不老不死の仙界に生きている。慈童は美しく舞い、長寿の薬の水を帝に捧(ささ)げて終わる。金剛流には、現在は省略されている前場、慈童が山に捨てられる場面も演ずる演出が残っており、類曲の『彭祖(ほうそ)』がある。なお、この能による長唄(ながうた)に1860年(万延1)11世杵屋六左衛門(きねやろくざえもん)(通称根岸の勘五郎)作曲による『枕慈童』がある。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の枕慈童の言及

【菊慈童】より

…(1)能の曲名。観世流の名称で,他流はすべて《枕慈童(まくらじどう)》と称する。枕慈童【横道 万里雄】(2)歌舞伎舞踊。…

※「枕慈童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枕慈童の関連キーワード能現行曲一覧杵屋忠次郎藤井小八郎増田正造同工異曲福寿海謡曲

枕慈童の関連情報