コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クル

デジタル大辞泉の解説

くる【枢】

くるる(枢)」に同じ。
「群玉(むらたま)の―にくぎ鎖し固めとし妹が心は動(あよ)くなめかも」〈・四三九〇〉

くるる【枢】

開き戸を開閉するため、扉の回転軸の上下に設けた心棒の突起。また、その突起を上下の枠のくぼみに入れて戸が回転するようにした仕掛け。
戸締まりのため、戸の桟から敷居に差し込む止め木。また、その仕掛け。おとし。

くろろ【枢】

くるる」の音変化。
「赤小豆餅(あづきもち)搗(つ)けど搗かねど外よりも―は後へ明きにしものを」〈仮・仁勢物語・上〉

すう【枢〔樞〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]スウ(慣) [訓]とぼそ くるる
物事のかなめとなるところ。「枢機枢軸枢要枢密院中枢
[補説]原義は、扉の回転軸、とぼそ。
[名のり]たる

と‐ぼそ【枢】

《「戸(と)臍(ほぞ)」の意》
開き口を回転させるため、戸口の上下の框(かまち)に設けた穴。
戸。扉。
「庵の―を打叩けば」〈竜渓経国美談

と‐まら【枢】

《「と」は戸、「まら」は男根の意》開き戸上下にある突き出た部分。とぼそにはめて戸を支え、開閉の軸とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くる【枢】

くるる(枢) 」に同じ。
枢戸くるるど 」に同じ。 「群玉むらたまの-にくぎ鎖し固めとし/万葉集 4390

くるり【枢】

「枢くるる」の転。

くるる【枢】

扉を開閉する装置。扉の端の上下に短い棒状の突起(とまら)をつけ、それを上下の枠の穴(とぼそ)にさしこんで回転するようにしたもの。くろろ。くるり。
戸締まりのため、戸の桟さんから敷居にさしこんでとめる木片、または金物。くるるぎ。

くろろ【枢】

〔「くるる」の転〕
くるる(枢) 」に同じ。

とぼそ【枢】

〔戸臍とぼその意〕
開き戸のある部分の梁はりと敷居とにあけた小さい穴。扉の、かまちの上下の端の突き出た部分(とまら)を差し入れて、開き戸を回転させるように作った穴。
とびら。戸。 「奥山の松の-を稀にあけてまだ見ぬ花の顔を見るかな/源氏 若紫

とまら【枢】

〔「と」は戸、「まら」は男根の意〕
開き戸の、かまちの上下の端にある、突き出た部分。とぼそに差し入れて戸の開閉の用とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

枢の関連キーワードウィリアム・ステファン ホワイトローフレデリック・ジェームス ウールトンロバート・C. ソールズベリーウィリアム・H. ボーデン烏芻沙摩明王・烏蒭沙摩明王ランスロット・アルビオン殻竿・唐竿・連枷ロバート カー枢密院[中国]通鑑紀事本末ランスロットJ. ハウ黒執事II紀事本末体黄帝内経大綱帰整新見正路館柳湾くるり李済深

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android