コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 クル

12件 の用語解説(枢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くる【枢】

くるる(枢)」に同じ。
「群玉(むらたま)の―にくぎ鎖し固めとし妹が心は動(あよ)くなめかも」〈・四三九〇〉

くるる【枢】

開き戸を開閉するため、扉の回転軸の上下に設けた心棒の突起。また、その突起を上下の枠のくぼみに入れて戸が回転するようにした仕掛け。
戸締まりのため、戸の桟から敷居に差し込む止め木。また、その仕掛け。おとし。

くろろ【枢】

くるる」の音変化。
「赤小豆餅(あづきもち)搗(つ)けど搗かねど外よりも―は後へ明きにしものを」〈仮・仁勢物語・上〉

すう【枢〔樞〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]スウ(慣) [訓]とぼそ くるる
物事のかなめとなるところ。「枢機枢軸枢要枢密院中枢
[補説]原義は、扉の回転軸、とぼそ。
[名のり]たる

と‐ぼそ【枢】

《「戸(と)臍(ほぞ)」の意》
開き口を回転させるため、戸口の上下の框(かまち)に設けた穴。
戸。扉。
「庵の―を打叩けば」〈竜渓経国美談

と‐まら【枢】

《「と」は戸、「まら」は男根の意》開き戸の上下にある突き出た部分。とぼそにはめて戸を支え、開閉の軸とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くる【枢】

くるる(枢) 」に同じ。
枢戸くるるど 」に同じ。 「群玉むらたまの-にくぎ鎖し固めとし/万葉集 4390

くるり【枢】

「枢くるる」の転。

くるる【枢】

扉を開閉する装置。扉の端の上下に短い棒状の突起(とまら)をつけ、それを上下の枠の穴(とぼそ)にさしこんで回転するようにしたもの。くろろ。くるり。
戸締まりのため、戸の桟さんから敷居にさしこんでとめる木片、または金物。くるるぎ。

くろろ【枢】

〔「くるる」の転〕
くるる(枢) 」に同じ。

とぼそ【枢】

〔戸臍とぼその意〕
開き戸のある部分の梁はりと敷居とにあけた小さい穴。扉の、かまちの上下の端の突き出た部分(とまら)を差し入れて、開き戸を回転させるように作った穴。
とびら。戸。 「奥山の松の-を稀にあけてまだ見ぬ花の顔を見るかな/源氏 若紫

とまら【枢】

〔「と」は戸、「まら」は男根の意〕
開き戸の、かまちの上下の端にある、突き出た部分。とぼそに差し入れて戸の開閉の用とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枢の関連キーワード回転軸回転窓片開き戸車開き戸カムシャフト軸釣増速装置戸当り引手金物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枢の関連情報