コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桓公[斉] かんこうせい Huan-gong; Huan-Kung

1件 の用語解説(桓公[斉]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桓公[斉]
かんこうせい
Huan-gong; Huan-Kung

[生]?
[没]桓公43(前643)
中国,春秋時代前期のの君主 (在位前 685~643) で五覇の一人。姓は姜 (きょう) ,名は小白,父は釐公 (きこう) 。兄襄公が殺されたあと異母弟の子糾と争って破り,斉君となる。鮑叔 (ほうしゅく) の推薦で子糾の臣であった管仲を用い,その政策で国内の経済改革を断行して富国強兵を成功させ,夷狄 (いてき) の侵入をたびたび撃退して中原諸国を防衛する一方,桓公 30 (前 656) 年には諸国の連合軍を率いて南方の強国楚の北上を阻止し,召陵 (河南省) で講和条約を結ばせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桓公[斉]の関連キーワードN桓公スンガ鮑叔牙没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone