コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くすのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楠(山口県)
くすのき

山口県南西部、厚狭(あさ)郡にあった旧町名(楠町(くすのきちょう))。現在は宇部(うべ)市の北西部を占める地域。1955年(昭和30)船木町と万倉(まぐら)、吉部(きべ)の2村が合併して成立。2004年(平成16)宇部市と合併。旧町域は、有帆(ありほ)川の中・上流域に位置し、国道2号が通じる。船木地区は旧山陽道(国道2号)の宿場町で、萩(はぎ)藩舟木宰判勘場(さいばんかんば)(代官所)、御茶屋があり、厚狭郡の中心として発達した。明治以降は郡役所や区(簡易)裁判所などが置かれたが、山陽本線が南部の宇部市を通り、宇部から軽便鉄道が走ったものの、のちに廃止され、郡の中心は厚狭(山陽小野田市)に移った。船木周辺の丘陵は宇部炭田の一部で、藩政時代から石炭採掘が盛んであったが、すべて閉山した。稲作のほか酪農、園芸があり、シイタケ、茶を産する。近年は企業誘致に力を入れ工業が中心となっている。赤間硯(あかますずり)の原石を特産する。吉部の大岩郷(おおいわごう)は大石の積み重なったもので国の天然記念物。岩戸神楽(かぐら)舞は県指定無形民俗文化財。[三浦 肇]
『原田卓雄著『楠町の歴史』(1980・楠町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楠の関連キーワード宇部(市)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楠の関連情報