コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルバミ

デジタル大辞泉の解説

つるばみ【×橡】

クヌギ、またはその実のどんぐり古名。〈和名抄
1の実またはその梂(かさ)を煮た汁で染めた色。灰汁(あく)媒染して薄茶色、鉄媒染して焦げ茶色や黒色に染める。また、その色の衣服。
㋐奈良時代、家人奴婢(ぬひ)の着る衣服の色。
㋑平安中期ごろから、四位以上の人の袍(ほう)の色。
藤衣(ふじごろも)の色。喪服の色。

とち【×橡/栃/×杼】

トチノキの別名。 花=夏 実=秋》「―咲くやまぬかれ難き女の身/波郷
[補説]「栃」は国字

とち‐の‐き【×橡/栃】

トチノキ科の落葉高木。山地自生。葉は大きく、倒卵形の5~7枚の小葉からなる手のひら状の複葉。5月ごろ、白色で紅斑のある花が円錐状に咲く。実は丸く、熟すと三つに裂け、中にある褐色種子食用近縁種マロニエがある。庭園や街路植栽とち
[補説]「栃」は国字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つるばみ【橡】

〔上代は「つるはみ」か〕
クヌギの古名。また、どんぐりの古名。
どんぐりの実やかさの煎汁せんじゆうで染めた色。
古代は鉄媒染による黒に近い灰色で、身分の低い人の衣の色。平安期には茜あかねを加えて、四位以上の人の袍ほうの色となる。 「紅はうつろふものそ-のなれにし衣になほ及かめやも/万葉集 4109
喪服の色。また、喪服。 「衣の色いと濃くて-の喪衣一かさね/源氏 夕霧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つるばみ

植物染料の一種。またその色名。橡はクヌギ(ブナ科の落葉高木)の古名で、その実(どんぐり)を砕いたものまたは実の殻斗(うけ)(傘形のもの)を煎(せん)じ、灰汁(あく)媒染して薄茶色、鉄媒染して焦げ茶色や黒色に染める。黒に染めたものを黒橡とよび凶服に用いた。そのほか、「橡」を付して、薄茶色みのある色合いをよぶ場合がある。たとえば、白橡はいわゆる白茶色。黄橡は黄赤みの薄茶色で、木蘭(もくらん)色と同じとされる。青白(おおしろ)橡は『延喜式(えんぎしき)』によると刈安(かりやす)と紫根で染め出されるくすんだ黄緑色で青色(あおいろ)ともいわれる。赤白(あかしろ)橡は『延喜式』によると櫨(はぜ)と茜(あかね)で染め出される、赤みのある黄茶色である。養老(ようろう)の衣服令(りょう)に服色を身分の高低順に掲げ、黄橡は紅の次、(そい)の上に記され、上級の者が、橡は最後に掲げられ、家人(けにん)・奴婢(ぬひ)が用いるものとした。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

橡 (クヌギ・ツルハミ;ツルバミ;ドングリ)

学名:Quercus acutissima
植物。ブナ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

橡 (トチノキ・トチ)

学名:Aesculus turbinata
植物。トチノキ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

橡の関連キーワード胎内二王子県立自然公園新潟県新発田市貝屋綾川五郎次(1)加治川(旧村名)墾丁森林遊楽区浦上弥五衛門安藤 橡面坊南渓(2)安藤橡面坊山本 梅史難波内親王原 奎一郎加藤 昌雄果てなし話山田抄太郎寺門 仁朝三暮四奈良時代焦げ茶色富木友治

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android