コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ツルバミ

5件 の用語解説(橡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つるばみ【×橡】

クヌギ、またはその実のどんぐりの古名。〈和名抄
1の実またはその梂(かさ)を煮た汁で染めた色。灰汁(あく)媒染して薄茶色、鉄媒染して焦げ茶色や黒色に染める。また、その色の衣服。
㋐奈良時代、家人奴婢(ぬひ)の着る衣服の色。
㋑平安中期ごろから、四位以上の人の袍(ほう)の色。
藤衣(ふじごろも)の色。喪服の色。

とち【×橡/栃/×杼】

トチノキの別名。 花=夏 実=秋》「―咲くやまぬかれ難き女の身/波郷
[補説]「栃」は国字。

とち‐の‐き【×橡/栃】

トチノキ科の落葉高木。山地に自生。葉は大きく、倒卵形の5~7枚の小葉からなる手のひら状の複葉。5月ごろ、白色で紅斑のある花が円錐状に咲く。実は丸く、熟すと三つに裂け、中にある褐色の種子は食用。近縁種にマロニエがある。庭園や街路に植栽。とち。
[補説]「栃」は国字。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つるばみ【橡】

〔上代は「つるはみ」か〕
クヌギの古名。また、どんぐりの古名。
どんぐりの実やかさの煎汁せんじゆうで染めた色。
古代は鉄媒染による黒に近い灰色で、身分の低い人の衣の色。平安期には茜あかねを加えて、四位以上の人の袍ほうの色となる。 「紅はうつろふものそ-のなれにし衣になほ及かめやも/万葉集 4109
喪服の色。また、喪服。 「衣の色いと濃くて-の喪衣一かさね/源氏 夕霧

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つるばみ

植物染料の一種。またその色名。橡はクヌギ(ブナ科の落葉高木)の古名で、その実(どんぐり)を砕いたものまたは実の殻斗(うけ)(傘形のもの)を煎(せん)じ、灰汁(あく)媒染して薄茶色、鉄媒染して焦げ茶色や黒色に染める。黒に染めたものを黒橡とよび凶服に用いた。そのほか、「橡」を付して、薄茶色みのある色合いをよぶ場合がある。たとえば、白橡はいわゆる白茶色。黄橡は黄赤みの薄茶色で、木蘭(もくらん)色と同じとされる。青白(おおしろ)橡は『延喜式(えんぎしき)』によると刈安(かりやす)と紫根で染め出されるくすんだ黄緑色で青色(あおいろ)ともいわれる。赤白(あかしろ)橡は『延喜式』によると櫨(はぜ)と茜(あかね)で染め出される、赤みのある黄茶色である。養老(ようろう)の衣服令(りょう)に服色を身分の高低順に掲げ、黄橡は紅の次、(そい)の上に記され、上級の者が、橡は最後に掲げられ、家人(けにん)・奴婢(ぬひ)が用いるものとした。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橡の関連キーワード殻斗赤白橡黄橡黒橡樫の実の団栗眼櫟炭どんぐりの里いなぶドングリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橡の関連情報