コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武家様文書 ぶけようもんじょ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶけようもんじょ【武家様文書】

鎌倉幕府成立以後,武家政権あるいは武家が新しく生み出したり,公家(くげ)様文書を改良して用いた様式の文書。鎌倉幕府ははじめ公家様文書下文(くだしぶみ)と御教書(みぎようしよ)を利用し,ついでその2様式の折衷ともいうべき様式で,これまでにない下知状(げちじよう)を生み出した。いずれも奉書(ほうしよ)形式であるこの下文,御教書,下知状の3様式が鎌倉幕府の中心的な発給文書となった。幕府から発する御教書,下知状は執権と連署がともに署して,関東御教書関東下知状と称され,六波羅探題が発するものは南北両探題が連署して,六波羅御教書六波羅下知状とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武家様文書
ぶけようもんじょ

古代末より武家社会で用いられた文書様式の総称。分類概念。公式令(くしきりょう)以来の公式様文書に代わり平安時代に現れる公家様文書(くげようもんじょ)に対応する概念。元来、武家様文書は公家様文書から発生した。公家用文書は(1)公家社会で広く一般的に用いられた(官)宣旨(せんじ)形式を範とする公文書としての下文(くだしぶみ)、(2)私文書として個人の手紙の様式が発展した書札(しょさつ)形式の奉書などを含む御教書(みぎょうしょ・みきょうしょ)(天皇の意思によるものは綸旨(りんじ)、上皇の場合は院宣)に大別される。こうした公家用文書の影響を継受しつつ、武家社会独自の文書様式が形成された。鎌倉幕府では公家用文書に倣い、下文と御教書を公文書として採用したが、やがて両者の中間的な性格をもつ下知状(げちじょう)が発生。室町幕府でも当初は鎌倉幕府以来の下文・御教書・下知状という文書体系を引き継ぐ。しかし下文に代わって直状(じきじょう)形式の御判御教書(ごはんみぎょうしょ)や、御内書、奉行人奉書が現れ、室町幕府独自の文書体系が確立した。
 両幕府の文書体系を範として各地の守護・戦国大名も各自の文書体系を整備した。[佐多芳彦]
『黒板勝美著「日本古文書様式論」(『虚心文集6』所収・1940・吉川弘文館) ▽相田二郎著『日本の古文書』(1962・岩波書店) ▽佐藤進一著『古文書学入門』(1997・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone