コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴青炭 れきせいたん

2件 の用語解説(歴青炭の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

歴青炭【れきせいたん】

石炭を炭化度で分類した場合の一つで無煙炭と褐炭の中間。一般に石炭といえばこれをさす。黒色または漆黒で,炎を出して燃え,煙と悪臭を伴うことが多い。多くは一般燃料とし,粘結性の高いものはコークス原料に利用。
→関連項目アパラチア炭田石炭筑豊炭田粘結炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れきせいたん【歴青炭 bituminous coal】

石炭類を石炭化度によって4区分(無煙炭,歴青炭,亜歴青炭,褐炭)に分類する場合,無煙炭に次いで石炭化度が高いものを歴青炭という。生成地質年代は,おもに古生代(とくに石炭紀,二畳紀)と中生代(とくにジュラ紀,白亜紀)であるが,日本では新生代第三紀に生成されたものが,強い地圧や地熱の作用を受けて石炭化が進み,歴青炭のランクになっている。日本の規格による分類では,歴青炭の性質として粘結性をあげているが,一般的には発熱量をおもな指標として分けているので,歴青炭には粘結性をもたないものも含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歴青炭の関連キーワード石炭化学無煙炭アンスラサイド盲炭サブ無煙炭半無煙炭メタ無煙炭准燭炭ロバーツ‐ホワイトの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone