民撰議院設立建白書(抄)(読み)みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ

  • 民撰議院設立建白書

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臣等伏して方今政権の帰する所を察するに、上(かみ)帝室に在らず、下(しも)人民に在らず、而(しか)も独(ひと)り有司(ゆうし)に帰す。夫(そ)れ有司上帝室を尊ぶと曰(い)はざるには非ず、而(しかも)帝室漸く其尊栄を失ふ、下人民を保つと云(い)はざるにはあらず、而も政令百端、朝出暮改(ちょうしゅつぼかい)、政刑(せいけい)情実に成り、賞罰愛憎に出づ、言路壅蔽(ようへい)、困苦告(つぐ)るなし。夫如是(かくのごとく)にして天下の治安ならん事を欲す、三尺の童子も猶(なお)其不可なるを知る。因仍(いんじょう)改めず、恐くは国家土崩の勢を致さん。臣等愛国の情自ら止む能はず、即(すなは)ち之を振救(しんきゅう)するの道を講求するに、唯天下の公議を張るに在る而已(のみ)。天下の公議を張るは、民撰議院を立つるに在る而已。則(すなはち)有司の権(けん)限る所あつて、而して上下其安全幸福を受る者あらん。請(こう)遂に之を陳(ちん)ぜん。

 夫れ人民政府に対して租税を払ふの義務ある者は、乃其政府の事を与知(よち)可否(かひ)するの権理を有す。是(こ)れ天下の通論にして、復喋々(ちょうちょう)臣等の之を贅言(ぜいげん)するを待ざる者なり。故に臣等窃(ひそか)に願ふ、有司亦是大理に抗抵せざらん事を。今民撰議院を立るの議を拒む者曰く、我民不学無智(むち)、未だ開明の域に進まず故に今日民撰議院を立る尚(なお)応(ま)さに早かる可しと。臣等以為(おもえ)らく、若し果して真に其謂(い)ふ所の如き乎(か)、則之をして学且(かつ)智、而して急に開明の域に進ましむるの道、即ち民撰議院を立るに在り。(『自由党史 上』による)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android