有為(読み)うい(英語表記)saṃskṛta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有為
うい
saṃskṛta

仏教用語。直接原因,間接原因によって成立した事物をいう。これに対して,成立,破壊をこえた超時間的な存在に対しては無為 asaṃskṛtaが使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐い〔‐ヰ〕【有為】

《〈梵〉saṃskṛtaの訳。作られたものの意》仏語因縁によって起こる現象。生滅する現象世界の一切の事物。⇔無為

ゆう‐い〔イウヰ〕【有為】

[名・形動]能力があること。役に立つこと。また、そのさま。「有為な(の)人材

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うい【有為】

〘仏〙 さまざまの因縁によって生じ、常に生滅し永続しないすべての物事・現象。有為法。 ⇔ 無為 「 -転変」

ゆうい【有為】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
才能のあること。役に立つこと。また、そのさま。 「前途-の青年」 「 -の士」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有為の関連情報