コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気韻生動 キインセイドウ

デジタル大辞泉の解説

きいん‐せいどう〔キヰン‐〕【気韻生動】

中国画の理想で、生気が満ちあふれていること。5世紀末の南斉の画論謝赫(しゃかく)が、「画の六法(りくほう)」の第一にあげる。→六法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

気韻生動【きいんせいどう】

中国絵画の理想を表した言葉。《古画品録》序の六法の第1にあげられ,対象の生命,性格が画面にいきいきと表現されること。時代により多少変化し,北宋郭若虚によって,気韻は題材の如何にかかわらず,作家の人格が画面に反映するものであると規定され,これが文人画の主張の中核となって,明清時代まで受け継がれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きいんせいどう【気韻生動】

中国絵画の品評基準の一。気韻が躍如としているさまをいい、文人画でことに重視された。張彦遠はこれを執筆中の画境の生命性の反映とし、郭若虚は画家の精神性の表現とした。 → 六法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気韻生動の関連キーワード六法(中国絵画)六法(美術)中澤希水中国絵画水墨画蕪村生動三品

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android