注文服(読み)チュウモンフク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

注文服
ちゅうもんふく

注文によって各個につくられた衣服で、一般に注文の洋服をさすことが多い。オーダー・メイド・クロウズorder made clothes。注文服はデザインや素材を自由に選び、数回の仮り縫いを経て丹念に仕立て上げられる。日本では洋服の着用が始まった明治以来、家庭洋裁による仕立ては不可能だったから、注文仕立てが中心となり、洋服は体にあわせてつくる高級品だという考えが定着した。一方、素材や縫製やサイズに難がある、できあいの服に対する評価は低く、日本では注文服の要素を加味したイージーオーダー方式が発展した。しかしシルエットとファッション性を強調した既製服が普及すると、衣服を消耗品とみる生活意識の変化や人件費の高騰で、注文服の数量は減少してきた。この傾向はパリのオートクチュールも同様で、限られた顧客相手の注文服のほかに、プレタポルテ部門を設けているところが多くなっている。[辻ますみ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注文服の関連情報