水兵服(読み)スイヘイフク

大辞林 第三版の解説

すいへいふく【水兵服】

水兵の着る制服。背に中衣の大きな四角い襟を出して垂れ、襟の下からネッカチーフを通して前で結ぶ。一九世紀中頃イギリス海軍で用いられて、世界的に広まった。セーラー服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水兵服の言及

【軍服】より

…儀礼用には通常着用する制服と儀礼服があり,儀礼服は伝統的なものが多い。海軍の軍服は水兵服のように各国に共通したものが多い。【編集部】
【西洋の軍服】
 敵・味方を区別し,またそれぞれの陣営内で階級,身分を区別するものとしての軍服はその目的からいえば,古代からすでに一様化へ向かう萌芽をもっていた。…

※「水兵服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水兵服の関連情報