コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜北人 はまきたじん

3件 の用語解説(浜北人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜北人
はまきたじん

日本の更新世人類の一つ。 1961年静岡県浜北市根堅岩水寺石灰岩採石場で発見された,新人類の頭骨,鎖骨,上腕骨,尺骨,骨盤などの破片に名づけられた名称。更新世後期,ウルム氷期後半のものとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

浜北人【はまきたじん】

1960年―1962年静岡県浜北市(現・浜松市)の石灰岩採石場から発見された新人段階の化石人骨。絶滅動物化石とともに,上腕骨,頭骨,寛骨の一部が出土した。フッ素含有量の測定結果から1万5000年から3万年前と推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまきたじん【浜北人】

1960‐62年に,静岡県浜北市根堅岩水寺採石場における根堅洞窟内の堆積から,鈴木尚,高井冬二,長谷川善和らにより発見された化石人骨。人骨は,上層から脳頭蓋,頰骨,下顎智歯,鎖骨,上腕骨,尺骨,腸骨の骨片,下層から脛骨片が出土している。上層骨群は,同一個体で,20歳代の女性と推定されるが,下層骨の年齢,性別は不明である。人骨の時代は,いずれも更新(洪積)世後期と推定されている。66年の鈴木の報告によれば,浜北人は,脳頭蓋や上腕骨の形態から新人に属するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

浜北人の関連キーワード朝鮮映画弘田三枝子倍賞千恵子砂川啓介日野コンテッサ900 PC10外材あいつと私悪名ケニヤッタケネディ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜北人の関連情報