コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜北人 はまきたじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜北人
はまきたじん

日本の更新世人類の一つ。 1961年静岡県浜北市根堅岩水寺の石灰岩採石場で発見された,新人類の頭骨,鎖骨,上腕骨尺骨,骨盤などの破片に名づけられた名称。更新世後期,ウルム氷期後半のものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はまきた‐じん【浜北人】

昭和35年(1960)から37年(1962)にかけて、静岡県浜北市の採石場の洞穴で発見された化石人骨。上下二つの地層から動物の骨などとともに出土放射性炭素年代測定法の結果は、上層が約1万4000年前、下層が約1万8000年前であることを示し、いずれも更新世後期の人骨であることが明らかになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜北人【はまきたじん】

1960年―1962年静岡県浜北市(現・浜松市)の石灰岩採石場から発見された新人段階の化石人骨。絶滅動物化石とともに,上腕骨,頭骨,寛骨の一部が出土した。フッ素含有量の測定結果から1万5000年から3万年前と推定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまきたじん【浜北人】

1960‐62年に,静岡県浜北市根堅岩水寺採石場における根堅洞窟内の堆積から,鈴木尚,高井冬二,長谷川善和らにより発見された化石人骨。人骨は,上層から脳頭蓋,頰骨,下顎智歯,鎖骨,上腕骨,尺骨,腸骨の骨片,下層から脛骨片が出土している。上層骨群は,同一個体で,20歳代の女性と推定されるが,下層骨の年齢,性別は不明である。人骨の時代は,いずれも更新(洪積)世後期と推定されている。66年の鈴木の報告によれば,浜北人は,脳頭蓋や上腕骨の形態から新人に属するという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浜北人の関連キーワード静岡(県)浜松(市)港川人

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜北人の関連情報