コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海山[町] みやま

2件 の用語解説(海山[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海山[町]【みやま】

三重県南部,熊野灘に面する北牟婁(きたむろ)郡の旧町。大部分が森林で,ヒノキ材の産で有名。屈曲の多い海岸は良港に恵まれ,遠洋漁業,養殖漁業,水産加工が盛ん。米作,野菜栽培,畜産も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みやま【海山[町]】

三重県南部,北牟婁(きたむろ)郡の町。人口1万0808(1995)。南東は熊野灘に面し,リアス海岸で引本湾が湾入,南は尾鷲市に接する。北西には大台ヶ原山系の高山が連なり,西の奈良県と境する。平地に乏しく,引本湾に注ぐ船津川と銚子川の下流域に耕地と集落がある。古代は志摩国英虞(あご)郡に属した。木本御厨(このもとみくりや),小山御薗など伊勢神宮領があり,なかでも木本御厨は神宮祭主大中臣氏の一族が私領を寄進したもので,南北朝期には下司木本氏は南朝方として働いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海山[町]の関連キーワード尾鷲湾熊野白浜那智屯する南紀牟婁紀伊長島マンボウパーク七里御浜速水熊太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone