コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清洲[町] きよす

百科事典マイペディアの解説

清洲[町]【きよす】

愛知県西春日井(にしかすがい)郡,名古屋市北西郊の旧町。織田氏勃興(ぼっこう)の地で,清洲城の城下町として発達,1555年−1567年織田信長居城。美濃路の宿駅でもあった。
→関連項目福島正則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよす【清洲[町]】

愛知県西部,西春日井郡の町。人口1万9235(1995)。濃尾平野南東部に位置し,東海道本線,名鉄本線が通じる。かつて織田信長の居城にもなった清須城を中心に栄えた。町の中央部を五条川が南流し,古くから米作をはじめ,ホウレンソウ,ゴボウ,ニンジンなどの野菜栽培の盛んな地域で,ハウス栽培が行われる。近年名古屋市のベッドタウンとして住宅地化が進む。朝日地区から北の春日村にかけて朝日貝殻山貝塚(県史跡)があり,弥生時代出土品を展示する貝塚資料館もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android