爽やか(読み)サワヤカ

デジタル大辞泉の解説

さわ‐やか〔さは‐〕【爽やか】

[形動][文][ナリ]《歴史的仮名遣いは「さわやか」とも》
気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。「朝の爽やかな空気」「爽やかな人柄」 秋》「―に日のさしそむる山路かな/蛇笏
はっきりとしていて聞きやすいさま。「爽やかな声」「弁舌爽やかに話す」
思い切りのよいさま。
「さして厭はしき事なき人の、―に背き離るるも」〈・鈴虫〉
きれいで鮮やかなさま。
「馬、物具まことに―に勢あって出で立たれたり」〈太平記・一四〉
[派生]さわやかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さわやか【爽やか】

( 形動 ) [文] ナリ 
ほどよく冷たくさっぱりしていて気持ちがよいさま。 [季] 秋。 「 -な秋の日」 「 -な笑顔」 「一種清涼の気は人の気を-にして/あひびき 四迷
はっきりしているさま。明快なさま。 「弁舌-な青年」 「声いと-にて/源氏 真木柱
鮮やかなさま。見事なさま。 「三浦の一党が鎧よろい-なりし当時を思ふに/ふところ日記 眉山
いさぎよいさま。 「 -に腹を切らんずる物を/太平記 9
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さわ‐やか さは‥【爽やか】

〘形動〙 (歴史的かなづかいは「さわやか」とも。「やか」は接尾語)
① さっぱりとして気分のよいさま。気持よくすがすがしいさま。爽快。俳句では秋の季語とする。《季・秋》
※蜻蛉(974頃)中「我が心ちのさはやかにもならねば」
② はっきりしているさま。明快なさま。分明。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「かうざまのことは、親などにも、さはやかに我が思ふさまとて、語り出で難きことなれど」
③ 思い切りのよいさま。すっぱりとしているさま。こだわりのないさま。
※源氏(1001‐14頃)鈴虫「定めなき世と言ひながらもさして厭はしき事なき人の、さはやかに背き離るるも有り難う」
④ あざやかなさま。鮮明。
※書紀(720)雄略七年是歳(寛文版訓)「天下の麗人(かほよき)は吾が婦に若くは莫し。茂矣(こまやか)に綽矣(サハヤカ)にして」
⑤ きれいなさま。美しいさま。
古今著聞集(1254)一六「おのれがあねにて侍なる女は、よにさはやかにて、みめもよきよし聞に」
さわやか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爽やかの関連情報