渋谷(区)(読み)しぶや

  • 渋谷

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都区部の南西にある区。1932年(昭和7)豊多摩(とよたま)郡の渋谷、千駄谷(せんだがや)、代々幡(よよはた)の3町が合併して渋谷区となった。区名は、中心地の渋谷を採用した。山手台地(やまのてだいち)に属するが、渋谷川の谷が南へ流れ、深い侵食谷を形成している。渋谷川は、玉川上水の余水を四谷(よつや)の大木戸付近から導入、千駄ヶ谷、原宿(はらじゅく)、渋谷を経て港区へ流れる。江戸時代、農業の灌漑(かんがい)用水に利用された。

 台地面は、江戸時代は近郊農村のほか、武家屋敷地、寺社地にも利用された。そのなかで渋谷は大山街道沿いの立場(たてば)(休息場)として発展、昭和初期から郊外電車が開通し、現在JR山手(やまのて)線・埼京線のほか、東急電鉄東横線・田園都市線(旧、新玉川線)、京王電鉄井の頭線(いのかしらせん)、東京メトロ銀座線・半蔵門線(はんぞうもんせん)が発着しており、副都心として繁華街を形成している。ほかに区内には東京メトロ日比谷線・千代田線・副都心線、京王電鉄京王線、都営地下鉄大江戸線、首都高速道路3号渋谷線・4号新宿線、国道20号・246号が通る。

 北部の明治神宮は彦根(ひこね)藩主井伊家の下屋敷跡で皇室御料地であった所。明治天皇と昭憲皇太后が祀(まつ)られている。内苑(ないえん)はとくにショウブが美しい。その西方は、かつての代々木(よよぎ)練兵場で、徳川好敏が大尉のとき日本最初の飛行を試みた所である。1964年(昭和39)の東京オリンピックで選手村に使用されたのち、都立代々木公園となっている。その南にNHK放送センター、国立代々木競技場があり、東方の原宿(はらじゅく)はケヤキ並木の美しい表参道(おもてさんどう)で、付近は若者のファッションの街を形成、東郷神社(とうごうじんじゃ)がその一隅にある。千駄ヶ谷は外苑(がいえん)、新宿御苑(ぎょえん)の一部を含み閑静な住宅街をなす。北西部は京王電鉄京王線および小田急電鉄沿線の住宅地であり、小田急電鉄代々木上原駅からは東京メトロ千代田線が接続する。一方、南端の恵比寿(えびす)はビール会社の名が駅名・地名となった所で、ビール工場跡は再開発され、恵比寿ガーデンプレイスとなっている。南東の渋谷・広尾地区は青山学院大学、国学院大学、聖心女子大学などの学園地区で、日赤医療センターもある。北西の大山(おおやま)町には1938年建設のモスク(イスラム教寺院)があったが、老朽化のため1986年取り壊された。しかし、再建の願いが強く、2000年(平成12)同地に新モスク「東京ジャーミィ」が開堂した。産業では卸、小売、飲食店などの商業が盛んである。面積15.11平方キロメートル、人口22万4533(2015)。

[沢田 清]

『『渋谷区史』(1952・渋谷区)』『『新修渋谷区史』全3巻(1966・渋谷区)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android