湖北[省](読み)こほく

百科事典マイペディア「湖北[省]」の解説

湖北[省]【こほく】

中国中部,洞庭湖の北の省。簡称は(がく)。省都は武漢。地勢は西高(1000m以上)東低で,長江が省の西境三峡の険から東流し,漢水が北西境から南東流して江漢平原を形成する。河川,湖沼が多く,水運に恵まれ,京広鉄路(北京〜広州),京九鉄路(北京〜九竜)が省を縦断し,また自動車道路が発達しており,水陸交通の華中における中心をなす。全国有数の農業地帯(江漢平原の米,小麦,西部山地のトウモロコシ,江漢平原の綿花,南部山地の茶など)で,林産物では桐油,漆などを産する。地下資源では鉄(大冶),応城の石膏(全国一)・岩塩などが有名であり,近代工業では武漢を中心に製鉄・製鋼(武漢鉄鋼コンビナート),機械,紡織,タバコ,食品,セメント,化学などの工業が盛ん。18万5900km2。6165万人(2014)。
→関連項目武当山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「湖北[省]」の解説

こほく【湖北[省] Hú běi shěng】

中国,長江(揚子江)の中流域,洞庭湖の北方に位置する省で,北は河南省と陝西省,西は四川省,南は湖南省,東は安徽省,江西省と境を接する。中国全域の水陸の交通大動脈の中枢にあたる地域である。略称は鄂(がく)。面積18万5900km2,人口5825万(1996)。省都は武漢市。1996年現在,35市(武漢,黄石,十堰,沙市,宜昌,襄樊(じようはん),鄂城,荆門,恩施,随州,老河口など),2地区,1自治州,40県,2自治県(五峰トゥチャ(土家)族,長陽トゥチャ族),1林区(神農架)から構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android