コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖北[省] こほく

百科事典マイペディアの解説

湖北[省]【こほく】

中国中部,洞庭湖の北の省。簡称は鄂(がく)。省都は武漢。地勢は西高(1000m以上)東低で,長江が省の西境の三峡の険から東流し,漢水が北西境から南東流して江漢平原を形成する。
→関連項目武当山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こほく【湖北[省] Hú běi shěng】

中国,長江(揚子江)の中流域,洞庭湖の北方に位置する省で,北は河南省と陝西省,西は四川省,南は湖南省,東は安徽省,江西省と境を接する。中国全域の水陸の交通大動脈の中枢にあたる地域である。略称は鄂(がく)。面積18万5900km2,人口5825万(1996)。省都は武漢市。1996年現在,35市(武漢,黄石,十堰,沙市,宜昌,襄樊(じようはん),鄂城,荆門,恩施,随州,老河口など),2地区,1自治州,40県,2自治県(五峰トゥチャ(土家)族,長陽トゥチャ族),1林区(神農架)から構成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone