コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱海[市] あたみ

百科事典マイペディアの解説

熱海[市]【あたみ】

静岡県東部,伊豆半島の基部東岸にある市。沖の初島を含む。1937年市制。相模灘に臨む中心市街は日本最大の温泉都市で,1950年国際温泉文化都市に指定された。熱海温泉(弱食塩泉,石膏泉など,50℃)は数百の泉源を有し,旅館,別荘,保養所が集中して大温泉街を形成する。
→関連項目走湯山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あたみ【熱海[市]】

静岡県東端,伊豆半島北東岸の市。1937年熱海町が多賀村と合体して市制。57年網代(あじろ)町を編入して現在の熱海市となった。人口4万5610(1995)。市域の主要な集落は,熱海,伊豆山,泉(伊豆湯ヶ原),多賀,網代などからなり,網代は近世には伊豆の産物の積出港として,また大坂から江戸への廻船の重要な港として栄えた。東は相模灘に面し,北から南にかけては,かつての多賀(熱海)火山の火口壁をなす山々に囲まれ,現在の市街地はかつての火口付近と考えられる所に位置している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱海[市]の関連キーワード伊豆山[温泉]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱海[市]の関連情報