コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡仁左衛門(11世) かたおかにざえもんじゅういっせい

1件 の用語解説(片岡仁左衛門(11世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片岡仁左衛門(11世)
かたおかにざえもんじゅういっせい

[生]安政4(1857)
[没]1934.10.16.
歌舞伎俳優。屋号は松島屋。8世仁左衛門の子で前名我当。兄は 10世仁左衛門。上方歌舞伎第一人者として,1世中村鴈治郎と人気を二分。『堀川』の与次郎などが絶賛された。みずから創意工夫を加味した『片岡十二集』を選定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の片岡仁左衛門(11世)の言及

【忠臣蔵映画】より

…御園京平の調査(私家本《映画・忠臣蔵》1966)では,外伝ものや変格ものを除いたものだけでも,明治末期に22本,大正年間に38本,昭和に入ってから22本を数えることができる。 最初の忠臣蔵映画は,1907年に吉沢商店がつくった《忠臣蔵五段目》であるが,これは11世片岡仁左衛門の与市兵衛・定九郎・勘平三役による歌舞伎映画であった。その後1910年,横田商会で映画スター第1号である尾上松之助の主演で《大石内蔵助一代記》がつくられ,つづいて同年,同じ横田商会が牧野省三監督,尾上松之助の浅野内匠頭・大石内蔵助・清水一角三役で,映画ではじめての〈忠臣蔵〉全通しである《忠臣蔵》をつくった。…

【名工柿右衛門】より

…1912年11月東京歌舞伎座初演。配役は陶工柿右衛門を11世片岡仁左衛門,弟子栗作を15世市村羽左衛門,妹娘おたねを5世中村歌右衛門など。中村正直訳《西国立志編》第3編〈三陶工の伝〉の翻案脚色であるが,すでに1872年京都北の芝居に佐橋富三郎脚色《其粉色陶器交易(そのいろどりとうきのこうえき)》が上演され,ユジェーヌ・ブリウの《ベルナール・パリッシー》(1880)もあって,両者の影響も推察される。…

※「片岡仁左衛門(11世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片岡仁左衛門(11世)の関連キーワード高橋栄子竹内真葛林康満小沢槐蔭山崎杏霞山井氏興池田春渚稲垣蘭圃勃・歿・没

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone