コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡仁左衛門(12世) かたおかにざえもん[じゅうにせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片岡仁左衛門(12世)
かたおかにざえもん[じゅうにせい]

[生]1882.9.9. 東京
[没]1946.3.16.
歌舞伎俳優。屋号は松島屋。 10世仁左衛門の子。 1936年 12世襲名。 15世市村羽左衛門の相手役として活躍したが,第2次世界大戦直後,家族らとともに自宅で番頭に殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の片岡仁左衛門(12世)の言及

【橋弁慶】より

…現在行われているものは,1868年(明治1),3世杵屋(きねや)勘五郎が能の《橋弁慶》の詞章に長唄の節付けをしたもので,1912年4月東京歌舞伎座初演。演者は2世市川段四郎,12世片岡仁左衛門。構成や扮装も能に準じた松羽目物。…

※「片岡仁左衛門(12世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片岡仁左衛門(12世)の関連キーワード松島屋屋号

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android