錚錚(読み)ソウソウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐そう〔サウサウ〕【××錚】

[ト・タル][文][形動タリ]
金属や楽器の音がさえて響くさま。
「警邏剣履の響―たるを聞く」〈東海散士佳人之奇遇
多くのものの中で特にすぐれているさま。「錚錚たる顔ぶれ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうそう【錚錚】

( トタル ) [文] 形動タリ 
金属や楽器が澄んだ音を発するさま。しょうしょう。 「唯警邏剣履の響-たるを聞くのみ/佳人之奇遇 散士
多くのもののなかで傑出しているさま。 「 -たるメンバー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android