錚錚(読み)ソウソウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐そう〔サウサウ〕【××錚】

[ト・タル][文][形動タリ]
金属や楽器の音がさえて響くさま。
「警邏剣履の響―たるを聞く」〈東海散士佳人之奇遇
多くのものの中で特にすぐれているさま。「錚錚たる顔ぶれ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうそう【錚錚】

( トタル ) [文] 形動タリ 
金属や楽器が澄んだ音を発するさま。しょうしょう。 「唯警邏剣履の響-たるを聞くのみ/佳人之奇遇 散士
多くのもののなかで傑出しているさま。 「 -たるメンバー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐そう サウサウ【錚錚】

〘形動タリ〙
① 金属や楽器の音のさえて響くさま。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)鉄火箸「切戒酣歌休節、錚錚恐起唾壺悲」 〔白居易‐琵琶詩〕
② 多くのもののなかで、特にすぐれているさま。傑出しているさま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)三「善知鳥は、作文の法に能かなひたるものぞ。外百番と云ものには、錚錚(ソウソウ)佼々たるも少し」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「英の史家中に錚々(ソウソウ)たる魯ルド舞ラハム氏の如きは」 〔後漢書‐劉盆子伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android