田上(町)(読み)たがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田上(町)
たがみ

新潟県中部、南蒲原郡(みなみかんばらぐん)にある町。1973年(昭和48)町制施行。JR信越本線、国道403号が通じる。東山丘陵西麓(ろく)と信濃(しなの)川氾濫(はんらん)原にある純農村で、信濃川流域の米作を主体に丘陵麓では果樹園芸が盛んである。また、良質の粘土を産するため、瓦(かわら)、土管の製造地としても名高かった。丘陵上には中世羽生田周防守(はにゅうだすわのかみ)の居城であった護摩堂(ごまどう)城跡や、埴輪部(はにわべ)の守神であった式内社土生田(はにゅうだ)神社がある。湯田上(ゆたがみ)温泉、大沢鍾乳洞(しょうにゅうどう)、子育延命地蔵尊など名所・旧跡も多い。ツナギガヤ自生地は国指定天然記念物。面積31.71平方キロメートル、人口1万2188(2015)。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田上(町)の関連情報