コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画学校(読み)ががっこう

世界大百科事典 第2版の解説

ががっこう【画学校】

近世における諸派の工房や私塾的な絵画の技法習得に代わって,明治以後,西欧の影響による近代的な画学校が登場する。しかし,1876年創設の工部美術学校が短期間で閉校となったのち,官設東京美術学校が89年に開校されるまでの明治前半期には,一連の私画塾が画学校の役割を果たした。川上冬崖高橋由一の2人の洋画家はその先駆をなす。ともに幕府の開成所(蕃書調所後身)画学局に学んだが,西洋画研究機関であったこの画学局は,明治期の画学校の前身ともみることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

画学校の関連情報