コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画学校 ががっこう

世界大百科事典 第2版の解説

ががっこう【画学校】

近世における諸派の工房や私塾的な絵画の技法習得に代わって,明治以後,西欧の影響による近代的な画学校が登場する。しかし,1876年創設の工部美術学校が短期間で閉校となったのち,官設東京美術学校が89年に開校されるまでの明治前半期には,一連の私画塾が画学校の役割を果たした。川上冬崖高橋由一の2人の洋画家はその先駆をなす。ともに幕府の開成所(蕃書調所後身)画学局に学んだが,西洋画研究機関であったこの画学局は,明治期の画学校の前身ともみることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

画学校の関連キーワード京都市立芸術大学喜多 武四郎海老原喜之助横山 潤之助青地秀太郎島崎 蓊助浦崎 永錫中村 伊助野口弥太郎利根山光人小山 三造今西 中通中間 冊夫黒崎 義介松本かつぢ佐藤 泰治岡村 葵園池田桂仙戸田玉秀小山敬三

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画学校の関連情報