コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎か オロカ

4件 の用語解説(疎かの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おろ‐か【疎か】

[形動][文][ナリ]
(「…はおろか」「…もおろか」などの形で)言うまでもないことである。もちろん。「掃除は疎か、布団を上げたこともない」
いいかげんに扱うさま。思いやりが薄いさま。おろそか。
「―にそ我は思ひし乎布(をふ)の浦の荒磯(ありそ)の巡り見れど飽かずけり」〈・四〇四九〉

おろ‐そか【疎か】

[形動][文][ナリ]
いいかげんにすませたり軽く扱ったりして、まじめに取り組まないさま。疎略。なおざり。「遊びに夢中で勉強が疎かになる」
簡素なさま。粗末。
「いと―に、軟障(ぜじゃう)ばかりを引きめぐらして」〈・須磨〉
まばらなさま。
「歯―に欠け」〈霊異記・上〉
劣っているさま。
「前生の運―にして」〈宇治拾遺・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おろか【疎か】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔程度が不十分な意〕
(「…はおろか」「…もおろか」の形で)…は言うまでもない。…はもとより、そのうえ。 「人は-犬の子一匹通らない」 「言うも-(=言ウマデモナイ)」
十分心を尽くしていないさま。通り一遍。おろそか。 「みかどの御使をば、いかで-にせむ/竹取」
その表現が不十分であるさま。…どころではない。 「いと心ぼそしといへば-なり/源氏 明石

おろそか【疎か】

( 形動 ) [文] ナリ 
いいかげんなさま。なおざり。 「勉強を-にする」 「こんな親切はあだや-ではできない」
よくないさま。つたないさま。 「前生ぜんしようの運-にして/宇治拾遺 4
粗末なさま。簡素なさま。 「おほやけの奉り物は-なるをもてよしとす/徒然 2

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疎かの関連キーワード徒疎か好い加減緩怠厳重粗雑ぞんざい等閑忽せ御座なり痴言

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疎かの関連情報