コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安直 アンチョク

デジタル大辞泉の解説

あん‐ちょく【安直】

[名・形動]
価格が安いこと。また、そのさま。
「直(す)ぐそこのパッサージュに―な伊太利亜の料理屋がある」〈荷風・ふらんす物語〉
簡単で手軽なさま。また、いい加減なさま。「安直な方法ではだめだ」
[派生]あんちょくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんちょく【安直】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
値が安いこと。金がかからないこと。また、そのさま。 「 -な娯楽」 「直ぐそこのパツサージユに、-な伊太利亜の料理屋がある/ふらんす物語 荷風
十分に考えたり、手間をかけたりしない・こと(さま)。 「 -に引き受ける」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

安直の関連キーワード安・庵・按・晏・暗・案・行・闇・鞍新四ヵ国借款[対中国]能天気・能転気・脳天気マンガ原作のドラマ群デジタル著作権管理静岡県下田市三丁目バーソロミュー市勅・捗・敕・直カストリ雑誌バントライン大山庄大夫毛主席語録ビヤホールフェイホーおいそれとあんちょこ毒キノコ奉直戦争水足屏山唐人お吉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安直の関連情報