コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発疹チフス はっしんチフス epidemic typhus fever

9件 の用語解説(発疹チフスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発疹チフス
はっしんチフス
epidemic typhus fever

「ほっしんチフス」ともいう。感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で4類感染症と定義される。旧伝染病予防法による法定伝染病の1つ。リケッチア Rickettsia prowazekiiを病原体とし,コロモジラミが媒体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっしん‐チフス【発×疹チフス】

ほっしん(発疹)チフス

ほっしん‐チフス【発×疹チフス】

リケッチアの一種プロワツェキイがシラミの媒介により感染して起こる感染症。10~14日間の潜伏期ののち発症し、高熱や全身に細かな発疹が出て、意識混濁・うわごとなどの脳症状を示す。感染症予防法の4類感染症の一。かつてヨーロッパでは戦争や飢饉(ききん)時に流行をみることが多かった。はっしんチフス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発疹チフス【はっしんチフス】

戦争,飢饉(ききん)などの際に非衛生的な場所に発生する,リケッチア性の法定伝染病。コロモジラミが媒介する。潜伏期平均11日。高熱,頭痛とともに全身に出血点を伴う発疹が出現。
→関連項目検疫伝染病チフスニコル発疹熱プロテウス菌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ほっしんちふす【発疹チフス Typhus Fever】

[どんな病気か]
 リケッチアによる感染症で、シラミの媒介(ばいかい)で人間に感染します。
 日本では感染症予防法で4類感染症に指定されています。
 近年の常在地域は、北アメリカの山岳地帯、メキシコ中南米の山岳地帯、バルカン・ヨーロッパの東部と中部、アジアの寒帯地帯の一部です。近年、日本での発生はありませんが、これらの地域からもち込まれると、冬から春にかけて流行します。
[症状]
 シラミに刺されて1~2週間すると、急に寒けがして発熱し、2~3日で39~40℃に達し、頭痛、筋肉痛がおこり、目の結膜(けつまく)が充血(じゅうけつ)します。
 4日目ころから、全身の皮膚に直径2mm前後の細かい赤い発疹(ほっしん)がたくさん現われ、一部からは出血します。
 血圧が下がり、意識が混濁(こんだく)して死亡することもあります。
 経過がよければ、12~13日目ころから解熱して回復にむかいます。
[治療]
 感染症予防法の4類感染症に指定されています。
 クロラムフェニコールテトラサイクリン系の抗生物質が有効です。
[予防]
 シラミを駆除(くじょ)します。予防接種も有効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

はっしんチフス【発疹チフス epidemic typhus】

〈ほっしんチフス〉ともいう。シラミが媒介するリケッチアRickettsia prowazekiiによる感染症。古くから世界各地で流行を繰り返し,日本でも法定伝染病の一つに指定されている。長い間,腸チフスとの異同は不明であったが,1909年,ニコルCharles J.H.Nicolle(1866‐1936)は,病原体がシラミによって媒介されることを証明し,さらに16年にダ・ロシャ・リーマHenrique da Rocha‐Lima(1879‐1956)が病原体のリケッチアを分離,同定して,本態が明らかになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっしんチフス【発疹チフス】

シラミが媒介するリケッチアの一種による感染症。潜伏期は10~14日。摂氏40度前後の高熱と全身に現れる赤く細かい発疹が特徴で、重症では興奮・譫妄せんもうなどの脳症状を伴う。ほっしんチフス。戦争チフス。

ほっしんチフス【発疹チフス】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発疹チフス
はっしんちふす
typhusepidemic typhus

「ほっしんチフス」ともいい、高熱、頭痛、発疹を主要症状とする急性感染症で、日本では感染症予防・医療法感染症法)により4類感染症に分類されている。かつては検疫伝染病検疫感染症)で、1969年7月以来、WHO世界保健機関)の保健規則では国際監視伝染病の一つであった。病原体の発疹チフスリケッチアRickettsia prowazekiiがコロモジラミやアタマジラミによって媒介されるため、衣類の不潔や入浴の不自由などシラミの繁殖に好条件が与えられると爆発的に流行し、とくに戦争で戦場にいるときはこの条件が満たされて大流行となるところから、戦争チフスなどの別名でもよばれてきた。第二次世界大戦でも世界各地で流行し、日本でも1943年(昭和18)から患者が急増し、戦後の46年には患者数3万2000人、死者3000人に及ぶ大流行をみた。当時、東京では駅の改札口を通る人の襟や袖口(そでぐち)にシラミ退治のDDTの白い粉を噴霧するなどの予防対策も実施されたが、生活環境が改善されて流行は下火となり、1957年以降は患者の発生がない。
 病原体は患者の血を吸ったコロモジラミの糞(ふん)に排出され、これが健康者の皮膚の刺傷やかき傷から侵入して感染する。潜伏期間は10~14日。急に悪寒とともに発熱し、3日ほどで40℃前後の高熱となり、頭痛、関節痛、結膜充血などのほか、直径2ミリメートル前後の赤くて細かい発疹が全身に多数現れる。症状は腸チフスに似ているが、ワイル‐フェリックス反応とよばれる血清反応で鑑別される。クロラムフェニコールやテトラサイクリンなどの抗生物質が特効的に効くので致命率は低い。しかし、60歳以上の患者は予後不良のことが多い。また、抗生物質は解熱後2~3日まで投与する。シラミの駆除が予防上重要で、予防接種も有効である。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発疹チフスの言及

【チフス】より

…チフスは広義には腸チフスtyphoid fever,パラチフスparatyphoid fever,発疹(はつしん)チフスexanthematic typhus (epidemic typhus)の三つを含むが,日本で単にチフスという場合には腸チフスをさすことが多い(ただし英語圏で単にチフスtyphusというときは発疹チフスを意味することが多い)。また前2者は細菌性の感染症であるが,発疹チフスはリケッチア性の感染症であり,両者では症状なども異なる。…

【医学】より

…中世以来のペストはしだいに終息したが,これに代わる強力な伝染病がつぎつぎと襲った。15~16世紀にイギリスだけを襲った奇病,イギリス発汗熱,また16世紀以降とくに戦争の折,および平時では監獄でしばしば流行した発疹チフス,それに1493年アメリカ発見の航海から帰ったコロンブスの一行によってもちこまれた梅毒も,たちまちヨーロッパをまきこんだ。インドのベンガル地域の地方病コレラが,19世紀には6回にわたって世界的な大流行をおこした。…

【傷寒論】より

…ただしそれも北宋時代に校勘作業を受けているから,現行本にも唐代のものとのあいだに多少の違いのある可能性があり,巻によって内容量が大きく違っているから,完本でないことも明らかである。傷寒は急性の熱病で,発疹チフスとかワイル病などを含めた複数の病気の総称であろう。《傷寒論》は傷寒の発病から死亡までの全経過を6段階に分け,各段階のさまざまの病状を記述し,それぞれに応じた治療法を指示したものである。…

【シラミ(虱∥蝨)】より


[病気の媒介]
 ヒトジラミは吸血してかゆみを起こさせるばかりでなく,重大な伝染病を媒介する。発疹チフスの病原体はリケッチアで,シラミの消化管内で増え,糞といっしょにまき散らされる。スピロヘータによる回帰熱,第1次世界大戦中流行した塹壕(ざんごう)熱もシラミが媒介する。…

【チフス】より

…チフスは広義には腸チフスtyphoid fever,パラチフスparatyphoid fever,発疹(はつしん)チフスexanthematic typhus (epidemic typhus)の三つを含むが,日本で単にチフスという場合には腸チフスをさすことが多い(ただし英語圏で単にチフスtyphusというときは発疹チフスを意味することが多い)。また前2者は細菌性の感染症であるが,発疹チフスはリケッチア性の感染症であり,両者では症状なども異なる。…

【リケッチア】より

…ヒトがこれらのリケッチアに感染すると,急性の発疹性熱性疾患であるリケッチア症がひき起こされる。最も有名なリケッチア症は発疹チフスで,古来,戦争や飢饉など生活環境が悪化したときに大流行をみた。病原体はリケッチア・プロウァツェキR.prowazekiで,ヒトに寄生するコロモジラミによって媒介される。…

【発疹チフス】より

…近年では抗生物質の開発,普及によって,死亡率は著しく低下した。 なお,発疹チフスによく似,しかし症状が軽い発疹熱は,かつては発疹チフスと同じものと考えられていたが,媒介はネズミノミによるものであり,病原体も別のリケッチアR.mooseriによるものであることが明らかになり,別の病気として区別されるようになった。これも抗生物質が有効である。…

※「発疹チフス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発疹チフスの関連キーワードリケッチア腺熱リケッチア症かお かお どんなかおスケッチプロ白癬菌性毛瘡Q熱(塹壕熱)ロッキー山紅斑熱腺熱リケッチアリケッチア・オリエンタリスリケッチア感染症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発疹チフスの関連情報