石手寺(読み)いしてじ

デジタル大辞泉プラスの解説

石手寺(いしてじ)

愛媛県松山市にある寺院。真言宗豊山派。山号は熊野山、院号は虚空蔵院。奈良時代の創建と伝わる。古くは安養寺と称した。本尊薬師如来。四国八十八ヶ所第51番札所。国宝の二王門など、数多くの文化財を所有。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしてじ【石手寺】

愛媛県松山市石手にある四国霊場八十八ヵ所の51番札所。山号は熊野山。真言宗豊山派に属し,本尊は薬師如来。この本尊は行基によって開眼されたというが,衛門三郎伝説によって石手寺と改めた。境内の本堂,三重塔,訶梨帝母堂,仁王門は鎌倉時代,鐘楼と護摩堂は室町初期の建立で重要文化財である。また仁王像と梵鐘も鎌倉時代のもので,重要文化財の多いことでは,四国霊場札所中随一である。これは伊予の名族河野氏との密接な関係によるもので,これを示すのが衛門三郎伝説である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石手寺
いしてじ

愛媛県松山市石手町にあり、真言宗豊山(ぶざん)派に属する寺。四国八十八か所第51番札所。もとは熊野山(くまのさん)虚空蔵院(こくうぞういん)安養寺と称した。聖武(しょうむ)天皇の728年(神亀5)伊予(愛媛県)の大守越智玉純(おちたまずみ)が勅を奉じて鎮護国家の道場として創建、本尊薬師如来(にょらい)は729年(天平1)行基(ぎょうき)が開眼した。初めは法相(ほっそう)宗であったが、813年(弘仁4)真言宗に改めた。縁起によると、越智家の流れをくむ領主河野息利(やすとし)に嫡子息方(やすかた)が生まれたが、その子の手が開かず、当寺で祈願して開かせたら衛門(えもん)三郎の名を書いた小石を握っていたので、この石を当寺に納め、寺号を石手寺と称するようになったという。当地方の大師信仰の中心として参詣(さんけい)者が多い。仁王門は国宝に指定されるほか、本堂、三重塔、鐘楼、梵鐘(ぼんしょう)など国の重要文化財も多い。[野村全宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石手寺の関連情報