石炭ガス(読み)せきたんガス(英語表記)coal gas

  • 石炭ガス coal gas

翻訳|coal gas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石炭を高温乾留して得られるガス。ほとんどがコークス炉によってつくられる。成分は製造条件によって多少異なるが,水素 50%,メタン 30%,一酸化炭素およそ8%となっており,発熱量は約 6000 kcal/m3都市ガスとして利用されるほか工業燃料や化学工業用水素源として用いられ,石炭ガス精製時の副産物も利用価値が出ている。なお環境問題などを背景に,都市ガス生産は液化天然ガス原料とする方式が 70%以上を占め,石炭系ガスは 2.2%まで減少している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

一般には石炭から得られるガスをいうが,とくに石炭を高温乾留したときに得られるガスをいう。後者のガス組成はおもにメタンおよび水素であり,ほかに一酸化炭素,二酸化炭素,エチレンその他の炭化水素などが含まれる。発熱量はおよそ4000~5000kcal/m3であり,都市ガスとして,あるいは工場燃料として用いられる。【冨永 博夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

石炭を高温乾留して得るガス。水素・メタンが主成分で、若干の一酸化炭素を含む。燃料用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広義には石炭に関連してできるガスの総称であるが、狭義には石炭の高温乾留で得られるガスをさす。1872年(明治5)横浜に点じられたガス灯に使われたのは石炭ガスであり、これが日本での工業的利用の始まりであった。初期はガスレトルト(乾留用加熱容器)を用いて製造されていた。現在の高温乾留で得られるガスはほとんどコークス炉で製造されるものなので、コークス炉ガスcoke oven gas(COG)ともよばれる。水素50%、メタン30%を主成分とし、一酸化炭素、窒素、重炭化水素、二酸化炭素を少量ずつ含む。発熱量は1立方メートル当り17~21メガジュール程度である。昭和30年代なかばまでは都市ガスの主原料として用いられたが、昭和50年代になるとそのほとんどが製鉄所内の燃料や発電用として用いられるだけとなった。

 燃料電池自動車が今後の水素エネルギー時代に普及することを期待して、石炭ガスからの水素製造が始まっている。ガス中の水素を圧力スイング吸着法(PSA法。PSA=pressure swing adsorption)により分離・精製して高純度水素(99.9999%)を製造するもので、日本では2004年(平成16)から小規模ながら実際の水素ステーションで供給されている。

[富田 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石炭ガスの関連情報