コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競る/糶る セル

デジタル大辞泉の解説

せ・る【競る/×糶る】

[動ラ五(四)]
他人に負けまいと互いに争う。きそう。「僅少差で首位を―・る」
競り売りで、買い手が手に入れようと、争って値段を高くする。「仲買人が荷を―・る」
行商人が声を上げて売り歩く。行商する。
「首売らう首売らうと―・って歩くを呼び込み」〈咄・楽牽頭〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

競る/糶るの関連キーワード競り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android