コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶつかる ブツカル

1件 の用語解説(ぶつかるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶつか・る

[動ラ五(四)]
物に突き当たる。衝突する。「車が電柱に―・る」「肩と肩とが―・る」
たまたま行き当たる。出くわす。遭遇する。「道が川に―・る所」「初戦で優勝候補に―・る」「地下鉄のストに―・る」
物事や日程などが重なる。かち合う。「二校の受験日が―・る」「クラス会と法事が―・る」
あえて取り組む。対象に積極的に向かう。「体当たりで困難に―・る」「―・ってみなければ何も解決しない」
考えなどが食い違って対立する。「父と―・ってばかりいる」「意見が―・る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶつかるの関連キーワード行き当たる・行き当る壁に突き当たる刺さる突き当たり・突き当り突き当たる・突き当る躓く行当る突当る見当る物に当たる

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぶつかるの関連情報