(読み)さしば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


さしば

鳥の羽などで扇形につくり,長い柄をつけたもの。貴人の行列などでさしかけ威儀を正した。中国では竜門敦煌莫高窟などの壁画に若干みられる。日本では埴輪や,福岡県竹原古墳の壁画などに,それらしいものがみられる。実物としては,千葉県の金鈴塚から出土した金銅製の翳があり,伊勢神宮遷宮に用いられる翳は全長 4.36mもある紫色の羅 (うすぎぬ) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えい【翳】[漢字項目]

[音]エイ(漢) [訓]かげ かげる かざす
物におおわれてできる陰。かげり。「暗翳陰翳
さえぎり隠す。「掩翳(えんえい)」
[補説]1は「」を代用字とすることがある。

さし‐は【×翳】

《「さしば」とも》鳥の羽や絹を張ったうちわ形のものに長い柄をつけた道具。貴人の外出時や、天皇が即位朝賀などで高御座(たかみくら)に出るとき、従者が差し出して顔を隠すのに用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さしは【翳】

儀式用の調度の一種で長柄団扇である。〈さしば〉ともいう。その字形が示すように,中国では鳥の羽で作った。北魏の竜門賓陽洞前壁の浮彫(6世紀前半)にその形を見ることができる。しかし,遺品はほとんどなく,千葉県金鈴塚古墳出土の1対の金銅透金具を翳の飾金具とする解釈が正しければ,稀有の1例となる。敦煌莫高窟第138窟の晩唐の維摩経変相図(9世紀)には,縦長と円形との2種の翳を同じ画面に描いてある。《延喜式》巻四に,伊勢太神宮や度会宮(わたらいのみや)の装束を挙げて,〈紫翳・菅翳〉などと記すものは,紫羅を張った楕円形のものと,菅(すげ)を編んだ円形のものとであるらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えい【翳】

〘名〙
① おおいかくすこと。くもりかすむこと。かげり。かげ。
※日葡辞書(1603‐04)「キンセツ タットシト イエドモ、マナコニ イッテ yeito(エイト) ナル」 〔司馬相如‐長門賦〕
② 鳥の羽や絹を張ったうちわ形のもので、長い柄のついたかざし道具。貴人の顔を隠すために用いた。さしば。きぬがさ。
※内裏式(833)元正受群臣朝賀式「于時殿下撃鉦三下、二九女嬬執翳」 〔説文通訓定声〕

かざし【翳】

〘名〙 (動詞「かざす(翳)」の連用形の名詞化)
① 手や物などでおおうこと。おおって陰にすること。また、そのもの。あるいは、おおうように手や物を上や前に置くこと。また、そのように置いたもの。
※歌謡・田植草紙(16C中‐後)昼歌二番「おふぎのかざしより竹のかざしこそな すんすしけれたけのかざしこそな」
③ 能で手に持ったものの呼称。たとえば、狂女などが手に持つ花や枝など。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「扇にてもあれ、かざしにてもあれ、いかにもいかにも弱々と持ち定めずして持つべし」
④ 外から城の内部が見えないようにおおい隠し、敵の直進を妨げるための塀などをいう。
※武教全書詳解‐一七・城築(古事類苑・兵事二五)「茀と云は、外より見えざる様にするの仕方にて」
⑤ 料理を盛り合わせるとき、肴(さかな)などの上に置くこと。
※随筆・南窓筆記(18C後)四「肴のかざしの事、総て肴の下に敷をかい敷といふ、上に置をかざしといふぞ」
⑥ 鍋のふた。〔物類称呼(1775)〕

かざ・す【翳】

〘他サ五(四)〙
① 物の上をおおって隠す。
※後撰(951‐953頃)雑・一二二〇「かざすともたちとたちなんなき名をば事なし草のかひやなからん〈紀貫之〉」
② 顔の前に手や物をさしかけて光や視線をさえぎる。
※日葡辞書(1603‐04)「ワウギヲ cazasu(カザス)
③ 日や熱や風に当てるようにして上に上げる。上に位置させる。
※世阿彌筆本謡曲・松浦(1427頃)「沖行く船を見送りつつ、衣の領巾(ひれ)を上げ、袖をかざして招きしが」
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)二「烟草盆の火入へ手を翳(カザ)して見て」
④ 能の型の一つ。右手の扇をたなごころを下に向けて、扇の表面が内側になるように、目の前に高くかかげる。〔わらんべ草(1660)〕

さし‐ば【翳】

〘名〙 貴人の外出の際、従者がさしかざして、その貴人の顔を隠す長柄の団扇(うちわ)。即位の大礼には女嬬(にょうじゅ)が左右から天皇の顔にかざし、大祭の神幸列にも供奉の神官がかざして奉仕する。羽と呼ぶ団扇に紫の羅をはった紫翳、菅を編んだ菅翳などがある。中国では漢代以後に用いられ、日本には古墳時代に伝来した。
※万葉(8C後)一六・三八八二「渋谿(しぶたに)の二上山に鷲そ子産(む)といふ 指羽(さしは)にも君がみために鷲そ子産(む)といふ」

は【翳】

〘名〙 鳥の羽や絹を張った団扇(うちわ)状のもので、貴人の顔を隠すための長い柄(え)のついているかざしの道具。さしば。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翳の関連情報