コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田出雲(2世) たけだいずもにせい

1件 の用語解説(竹田出雲(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹田出雲(2世)
たけだいずもにせい

[生]元禄4(1691)
[没]宝暦6(1756).11.4. 大坂
江戸時代中期の浄瑠璃作者,大坂竹本座の座本。親方出雲と称される。名は清定。号は千前軒。1世竹田出雲の子。初め小出雲と称した。父のあとをうけ,竹本座の座本兼作者として活躍。元文2 (1737) 年の『太政入道兵庫岬』をはじめ,豊竹座の並木千柳 (宗輔) を作者に迎えてからの合作に著名なものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竹田出雲(2世)の言及

【小野道風青柳硯】より

…5段。竹田出雲・吉田冠子・中邑閏助・近松半二・三好松洛の合作。1754年(宝暦4)10月大坂竹本座初演。…

【仮名手本忠臣蔵】より

…時代物。2世竹田出雲三好松洛並木宗輔(千柳)作。1748年(寛延1)8月,大坂竹本座初演。…

【双蝶々曲輪日記】より

…1749年(寛延2)7月大坂竹本座初演。竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)合作。《摂陽奇観》にある角力取の濡れ紙長五郎が,武士を殺害した罪で捕らわれた事件に拠っているらしい。…

【義経千本桜】より

…5段。2世竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)作。1747年(延享4)11月大坂竹本座初演。…

※「竹田出雲(2世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹田出雲(2世)の関連キーワード風早実積エヌ勃・歿・没三角数京極高通(2)志水甚五(3代)英一蜂(初代)2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン関の春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone