コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑穂[町] ちくほ

2件 の用語解説(筑穂[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

筑穂[町]【ちくほ】

福岡県中部,嘉穂郡の旧町。大部分が三郡山地に属する山地。米,野菜,ブドウ,たけのこ,木材などを産し,畜産も行う。筑豊本線,篠栗(ささぐり)線が通じる。嘉穂に炭鉱などがあったが閉山。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちくほ【筑穂[町]】

福岡県中央部,嘉穂(かほ)郡の町。人口1万1428(1995)。飯塚市の南,筑紫野市の北東に接する。西部から南部にかけては三郡山地に属する山地が占め,北東部に第三紀層の丘陵と遠賀川支流穂波川の沖積低地がある。南部の内野は江戸時代長崎街道の筑前六宿の一つとして栄えた。筑豊炭田の南西にあたり,日鉄嘉穂炭鉱などがあったが,1970年に閉山した。現在は農林業が主体で,特産物としてたけのこ,抑制キュウリなどがあり,栗,梨,梅の果樹栽培も行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筑穂[町]の関連キーワード富山本宮かほく嘉麻高知坂戸多久にかほ福岡市動物園うすい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone