粗悪・麁悪(読み)そあく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 粗末で質が悪いこと。また、状態がよくないこと。また、そのさま。
※三教指帰(797頃)下「其羽族、則有諂誑、讒諛誹謗、麁悪」
※開物新書(1869)蚕種商法〈吉田二郎〉「粗悪苦窳の品を衒売して」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「その気候寒沍粗悪にして而も変じ易く」 〔周礼疏‐夏官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android