コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅柱石(データノート) こうちゅうせきでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅柱石(データノート)
こうちゅうせきでーたのーと

紅柱石
 英名    andalusite
 化学式   Al2O(SiO4)
 少量成分  Fe3+,Mn3+*
 結晶系   斜方
 硬度    6.5~7.5
 比重    3.1~3.2
 色     淡紅,赤褐,紫,緑*
 光沢    ガラス
 条痕    白
 劈開    二方向に完全
       (「劈開」の項目を参照)
 その他   *マンガンに富むものは緑色を帯び
       ビリディンの変種名がある。
       またMn3+>Alのものは
       カノナアイトという名の別種である

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紅柱石(データノート)の関連キーワード劈開

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android