コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急逮捕 きんきゅうたいほ

6件 の用語解説(緊急逮捕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊急逮捕
きんきゅうたいほ

令状なくして行う逮捕の一つ。検察官検察事務官または司法警察職員が,死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役もしくは禁錮にあたる罪を犯したと疑うに足りる十分な理由がある場合で,急速を要し,裁判官逮捕状を求めることができない場合には,その理由を告げて被疑者を逮捕することができるが,その後ただちに裁判官の逮捕状を求め,これが発せられないときはただちに被疑者を釈放しなければならないという制度である (刑事訴訟法 210条1項) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんきゅう‐たいほ〔キンキフ‐〕【緊急逮捕】

逮捕状なしで被疑者を逮捕すること。死刑・無期または3年以上の懲役禁錮にあたる罪を犯した疑いが十分にあり、かつ急を要する場合にのみ認められる。逮捕後、直ちに裁判官に逮捕状の発行を求めなければならない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

緊急逮捕【きんきゅうたいほ】

死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役・禁錮に当たる罪を犯したことを疑うに足りる十分な理由がある場合で,急速を要し,裁判官の逮捕状を求めることができない場合に,その理由を告げて被疑者を逮捕すること(刑事訴訟法210条)。
→関連項目強制捜査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんきゅうたいほ【緊急逮捕】

緊急の必要があるが逮捕状を求める余裕のない場合に,事前に逮捕状をえずに行われる逮捕。死刑,無期または刑期の最大限が3年以上の懲役,禁錮にあたる事件について,嫌疑が十分であり,急速を要し逮捕状を求めることができないときに,その理由を告げて行うことができる(刑事訴訟法210条)。逮捕の直後に裁判官の逮捕状を求める手続をしなければならず,もし逮捕状が発せられなければ,すぐ釈放しなければならない。職務質問や任意での取調べの結果嫌疑が明らかになった場合などに行われることが多く,逮捕全体の約18%を占める(1980年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんきゅうたいほ【緊急逮捕】

〘法〙 死刑・無期もしくは長期三年以上の懲役・禁錮にあたる罪を犯した疑いが十分にあり、その逮捕に急を要し令状を求めることができない時に、令状なしで被疑者を逮捕すること。逮捕後直ちに裁判官に逮捕状を請求し、逮捕状が発せられない時は釈放しなければならない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緊急逮捕
きんきゅうたいほ

検察官、検察事務官または司法警察職員は、死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役もしくは禁錮にあたる罪を犯したことを疑うに足りる十分な理由がある場合で、急速を要し、裁判官の逮捕状を求められないときは、その理由を告げて被疑者を逮捕することができる(刑事訴訟法210条)。これを緊急逮捕という。この場合には、ただちに裁判官の逮捕状を求める手続をする必要があり、逮捕状が発せられないときは、ただちに被疑者を釈放しなければならない。逮捕後、ただちに逮捕状を求める手続をとらなかった場合には、その逮捕は違法となり、その間に得られた被疑者の供述は証拠能力がないことになる(判例)。緊急逮捕の合憲性については学説上争いがある。憲法第33条は、逮捕状による逮捕を原則とし、例外として令状なくして逮捕することができるのは現行犯逮捕の場合だけであると規定しているので、緊急逮捕は憲法に反するとする説もある。しかし、憲法第33条は、司法的抑制を働かせなくても逮捕が合理的である場合として現行犯逮捕を掲げていると解することができ、これに準ずる合理性がある場合にも例外を認めることができると考えられるので、憲法に反するものではないといえよう。判例も、緊急逮捕を合憲としている。[内田一郎・田口守一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の緊急逮捕の言及

【逮捕】より

… 狭義では,刑事訴訟法上の術語として,公訴提起前に被疑者の身体を一時的に拘束することを逮捕という。刑事訴訟法上の逮捕には,通常逮捕(刑事訴訟法199条以下),現行犯逮捕(212条以下),緊急逮捕(210条,211条)の3種類がある。通常逮捕は,捜査機関が,その請求により裁判官があらかじめ発した逮捕状により,被疑者を逮捕するものである。…

※「緊急逮捕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緊急逮捕の関連キーワードSOS緊急勅令緊急動議緊急命令逮捕状死中に活を求める逃げ仮逮捕状緊急財政処分発付

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緊急逮捕の関連情報