美浜[町](読み)みはま

百科事典マイペディアの解説

美浜[町]【みはま】

福井県南西部,若狭湾に臨む三方(みかた)郡の町。耳川扇状地の河原市(かわらいち),郷市(ごういち)が中心で,若狭街道(国道27号線),小浜(おばま)線,舞鶴若狭自動車道に沿う。農林水産業が盛ん。久々子(くぐし)浜は海水浴場で,若狭湾国定公園の一部。敦賀半島の丹生(にゅう)地区に関西電力美浜原子力発電所がある。2005年に三方五湖がラムサール条約登録湿地となる。152.35km2。1万563人(2010)。
→関連項目織田荘

美浜[町]【みはま】

愛知県知多半島南部,知多郡の町。東岸の河和(こうわ)が中心で,紡績,漁業が行われ,名鉄河和線,知多新線が通じる。西岸の富具(ふぐ)崎,源義朝の墓のある野間大坊(大御堂寺)一帯は三河湾国定公園に属する。46.20km2。2万5178人(2010)。
→関連項目日本福祉大学

美浜[町]【みはま】

和歌山県西部,太平洋に臨む日高郡の町。米作を主とし野菜の促成栽培も盛ん。東部煙樹ヶ浜(えんじゅがはま),〈アメリカ村〉と呼ばれる三尾(みお),日ノ御埼などがあり観光地としても有名。東の御坊(ごぼう)市からバスが通じる。12.77km2。8077人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みはま【美浜[町]】

福井県南西部,三方(みかた)郡の町。人口1万2362(1995)。若狭湾に面し,海岸部は西は常神(つねかみ)半島東半部から東は敦賀半島西半部にわたり,常神半島の付け根にある三方五湖のうち日向(ひるが)湖,久々子(くぐし)湖が当町に属する。南は滋賀県境の山岳地で,中央を耳川が北流する。中世には国衙(こくが)領の山西郷と山東郷,春日社(興福寺)領耳西郷,また山西・山東両郷と錯綜しつつ山門(延暦寺)系寺院領織田荘などの地であった。

みはま【美浜[町]】

愛知県南部,知多郡の町。人口2万6076(1995)。知多半島南部に位置し,東は知多湾,西は伊勢湾に面する。名鉄河和(こうわ)線が通じる中心集落の河和(こうわ)は,紡績,食品加工などの工場が立地し,ノリ養殖などの漁業や観光の拠点にもなっている。伊勢湾沿岸の野間は,江戸時代,千石船による海上輸送の基地として栄えたところで,現在,海岸一帯は三河湾国定公園に指定され,海水浴,潮干狩りなどでにぎわう。中央部の丘陵地では米作,ミカン栽培,養豚などが盛ん。

みはま【美浜[町]】

和歌山県中央部西端,日高郡の町。人口8919(1995)。町域は東西に細長く,南は太平洋に面して長い海岸線を有し,西端に日ノ御埼がある。西部はリアス式海岸であるが,東部には全長5kmにわたり松林の砂浜が続き煙樹ヶ浜(えんじゆがはま)とよばれる。紀州藩主徳川頼宣が防潮林として植えたものと伝える。東部を南流する西川の流域は御坊平野の一画を占めるが低湿地が多い。米作のほか野菜の促成栽培が行われる。漁業は漁法魚介類の種類が豊富で,ブリ,イセエビアワビサザエなどが水揚げされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android