コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職原鈔 しょくげんしょう

大辞林 第三版の解説

しょくげんしょう【職原鈔】

有職書。二巻。北畠親房著。1340年成立。官位の沿革・補任・昇進の次第などについて漢文で記す。官職沿革史として最初の書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくげんしょう【職原鈔】

北畠親房が日本歴代の官制沿革,変遷,職務内容などを記し,さらに注釈を加えた書。上下2巻。建武政権崩壊ののち,足利軍優位のなか,東国南朝の基盤を築くため常陸各地を転戦していた親房が,後醍醐天皇の死,後村上天皇の即位という局面の転換期に,常陸小田城で1340年(興国1∥暦応3)執筆した。これは《神皇正統記》成立の翌年のことであり,両書の関係は密接である。したがって官制の注釈書という形をとりつつ,この書の著作意図はそれにとどまらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

職原鈔の関連キーワード慶長勅版本後藤芝山多田南嶺南部草寿壺井義知官職秘抄職原抄官位昇進補任漢文

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android