コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草戸千軒町遺跡 くさどせんげんちょういせき

5件 の用語解説(草戸千軒町遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草戸千軒町遺跡
くさどせんげんちょういせき

広島県福山市の芦田川河底にうずもれた中世の集落址。常福寺 (現明王院) の門前町ないしは港町と考えられる。 1961年に発掘が始り,現在は広島草戸千軒町遺跡調査研究所によって継続的な調査が行われ,柵と溝に囲まれた町跡が明らかになりはじめている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くさどせんげんちょう‐いせき〔くさどセンゲンチヤウヰセキ〕【草戸千軒町遺跡】

広島県福山市草戸町の芦田川河川敷で昭和36年(1961)の発掘調査により確認された中世の集落遺跡。港町ないし市場町と推定され、延宝元年(1673)まで数度にわたり水没。木簡・呪符なども発見され、中世の庶民生活と地方都市に関する重要な遺跡として注目される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさどせんげんちょういせき【草戸千軒町遺跡】

広島県福山市芦田川の河川敷にある中世遺跡。常福寺の門前町・港町で、井戸・町屋・陶磁器・木製品が出土し、中世の生活史を知る上で重要。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

くさどせんげんちょういせき【草戸千軒町遺跡】


広島県福山市草戸町にある中世の都市跡。市街西部を瀬戸内海へ流れる芦田川河口の河川敷に所在する。鎌倉時代から室町時代にかけて港町として存在したが、1673年(寛文13)の洪水で水没したという伝承が記録されていた。長和荘(ながわのしょう)など芦田川流域の荘園の年貢の積み出しをはじめ、他の地方との物流の拠点として繁栄し、朝鮮半島や中国大陸とも交易していたとみられる。発掘調査の結果、縦横にめぐる水路、石敷き道路、井戸、掘立柱の柱穴などの遺構が発見された。出土遺物は、土師器(はじき)、須恵器(すえき)、瀬戸・美濃・唐津など国産の陶磁器、中国・朝鮮産の青磁、瓦などの土製品、木簡などの木製品、漆器類、砥石などの石製品など多岐にわたり、当時の活発な商品流通をよく反映したものとして、出土品は重要文化財に指定された。福山城公園にある広島県立歴史博物館では中世の草戸千軒の様子が再現されている。JR山陽新幹線ほか福山駅からトモテツバス「草戸大橋」下車、徒歩約12分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草戸千軒町遺跡
くさどせんげんちょういせき

広島県福山市草戸町の芦田(あしだ)川河川敷に埋もれた中世の集落遺跡。1961、62年(昭和36、37)に福山市教育委員会が発掘して遺跡の存在が確認され、68年からは河川改修に対処して広島県教育委員会が調査にあたり、73年からは広島県草戸千軒町遺跡調査研究所によって本格的な発掘調査が進められている。遺跡包蔵中州(なかす)は約6万平方メートルであるが、堤防外の現市街地にも広がっている可能性がある。鎌倉・室町時代の港町ないし市場町と推定され、日常の生活用具類が多量に出土し、中世の庶民生活や地方都市を解明するうえで重要な遺跡である。河川敷に埋もれているため木製品の保存が良好で、交易を物語る中世木簡(もっかん)や呪符(じゅふ)など注目すべき遺物が多い。町についての中世の記録は皆無で、江戸時代の地誌に1673年(寛文13)の洪水で水没したことが記されており、日本のポンペイといわれている。発掘後は、中州の掘削で遺跡が消滅するため史跡などの指定はされていない。[松下正司]
『草戸千軒町遺跡調査研究所編『草戸千軒町遺跡 1973~79』(1974~81・広島県教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草戸千軒町遺跡の関連情報